Record China

ヘッドライン:

景観が台無し…韓国の都市を悩ませているもの=韓国ネット「不況だから」「なくすべき!」

配信日時:2018年8月26日(日) 6時30分
拡大
23日、韓国日報は、韓国の都市の景観を壊している「ある物」について報じた。写真はソウル。
(1/2枚)

2018年8月23日、韓国日報は、韓国の都市の景観を壊している「ある物」について報じた。

その他の写真

記事が指摘するのは「建物の屋上に設置された広告」。見出しで「4年も広告主を募集中」と報じるほど「空き広告」があちこちに目立つという。屋上広告は、2000年代半ばまでは新たな媒体として脚光を浴び、先を争うように設置されたが、今や「みすぼらしい都市の空欄」に転落してしまったという。ソウルの主要地を調査した結果、計70カ所のうち30%を超える22カ所の広告が空き状態だったという。

記事は、空き広告が増えた理由について「景気低迷による広告販売の不振と、モバイルやSNSなどデジタル広告の市場参入」と説明している。不況で広告市場が萎縮した上、広告のトレンドがオンラインに移り、屋上に固定されたアナログ広告の人気が下火になっているという。

空き広告の問題点については「長い間広告が掲載されない場合、赤字にあえぐ会社が施設の整備を行えないため、安全上の問題が出てくる」と指摘している。また「ただでさえ索漠な都市景観をさらに悪化させる」という指摘も出ているという。

これを受け、業界関係者は「景気が良くなっても、すでにオンライン広告が主流になっているため、屋上看板を出す広告主はますます減るだろう」と展望している。

韓国のネットユーザーの間でも「美観にも良くないし、建物のオーナーの懐が寂しくなるだけ。屋上広告はなくすべき」「不況だから広告にお金をかけられない」「そもそも屋上広告は高過ぎ」など否定的な見方が強いようだ。

そのため「看板に課税して。街全体が看板ごみ天国のよう」「6カ月以上広告主が見つからなかったら広告許可を取り消すべき」などと提案する声も上がった。

また、現在韓国では台風19号の直撃が心配されていることから「台風で壊れたら撤去費用、誰かけがしたら治療費を全部持ち主が出してくれるんでしょ?」と寄せるユーザーもいた。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

中国人団体客が消えた韓国・済州島の現状=韓国ネット「日本や東南アジアに行った方がマシ」「量より質が高まりますように」

23日、韓国への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備による中国の報復措置を受け、昨年3月から中国人団体観光客の足取りが途絶えた済州島。韓国メディアはこのほど、報復措置から13カ月が経った現地の様子を報じた。写真は済州島。

Record China
2018年4月24日 7時20分
続きを読む

世界中から40万人が来るのに…韓国空港の平昌準備が“ひどい”状況=韓国ネットも懸念「北朝鮮ばかりで国民には無関心」「これじゃ南北大会だ」

22日、平昌五輪の開幕が20日後に迫る中、韓国の主要国際空港内の案内や広報が大幅に不足していることが明らかになった。最大40万人の外国人が仁川や金浦国際空港に来ることが予想されるだけに、早急な改善が必要と指摘されているという。写真は仁川国際空港。

Record China
2018年1月24日 23時10分
続きを読む

外国人にも人気のソウルの伝統家屋村、ぼろぼろの瓦屋根をシートで覆う実態=韓国ネット「京都とは大違いだね」「これでは歴史ある国とは言えない」

7日、韓国の伝統家屋・韓屋の保全区域に指定されているソウルの観光地・仁寺洞の街並みがまるで「テント村」と化していると、韓国日報が報じた。写真は仁寺洞から近い三清洞。

Record China
2017年12月12日 23時40分
続きを読む

ランキング