Record China

ヘッドライン:

韓国では難しい…、中国では3.5日ごとに新たなユニコーン企業が誕生―韓国紙

配信日時:2018年8月23日(木) 8時20分
拡大
22日、韓国紙・中央日報はこのほど、「中国では3.5日ごとに新たなユニコーン企業が誕生している」とする記事を掲載した。写真は深セン。

2018年8月22日、星島環球網によると、韓国紙・中央日報はこのほど、「中国では3.5日ごとに新たなユニコーン企業が誕生している」とする記事を掲載した。以下はその概要。

筆者はもともと、中国企業には感心がなかった。偽物の生産が多く、自国市場を外国企業に閉じることで発展しているとだけ思っていた。だが最近、考えが変わった。中国は今、企業価値が10億ドル以上のスタートアップを指す「ユニコーン」を多く抱えるまでに成長している。中国のユニコーンは今年上半期だけで新たに52社誕生し、計162社となった。

中国の創業者たちは、ビジネスチャンスがあると見れば一斉にそこに参入する。ユニコーンは、金融、自動車、電子商取引、医療、物流、ハードウェア、教育、不動産サービス、人工知能など、チャンスのあるすべての分野に登場している。

スマートフォンメーカーとして創業した中国の総合家電メーカーのシャオミ(小米)では、従業員が毎日、朝9時半から夜9時半まで、さらに土曜日も働いていると聞いた。彼らは会社が成長する姿を見るのが楽しみで、不満などはないという。成果に対する報酬も厚く待遇も良い。シリコンバレーの著名なベンチャーキャピタリスト、マイケル・モリッツ氏が「激しく働く中国のエンジニアに学ばなければ、シリコンバレーは中国に負けるかもしれない」と話したのはそのためだろう。

中国のスタートアップの創業者たちは、シリコンバレーのように、投資を受けるたびに企業価値を高め、それを育てることを楽しむ。彼らは、投資額と企業価値を通じて自尊心を争っているかのようだ。巨額の赤字も気にせず、売上高を増加させることだけに集中する。そうした積極性があらゆることを可能にするのだ。3年前に中国の深センに行った時、民生用ドローンメーカーのDJIの従業員数は3000人余りだった。ところが、今年初めに再訪すると、1万1000人に達したと聞いて驚いた。

ビジネスチャンスと見たら参入し、巨額の投資を受けて成長した後、すぐに株式公開(IPO)に乗り出す中国の創業者たちの欲望と勢いは、見習うに値する。中国のユニコーンの活力は、本場であるシリコンバレーを上回る印象さえ受ける。

それに対し、あちこちで細かい規制と格闘してエネルギーを無駄に消費し、少しの赤字でも不良企業と後ろ指を指される韓国では、中国のようにユニコーンが誕生して急成長することは、本当に難しいことなのだ。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

スタートアップ企業の設立数、韓国は中国の61分の1=背景に若い世代の安定志向―韓国メディア

韓国・亜洲経済は18日、昨年韓国で設立されたスタートアップ企業の数は中国の61分の1しかなく、こうした背景には韓国の若い世代がスタートアップやベンチャー創業を恐れ、安定した仕事を好む傾向があると伝えている。資料写真。

Record China
2018年6月24日 17時20分
続きを読む

ランキング