Record China

ヘッドライン:

お天気コーナー中に近くに雷が落ち一躍時の人となったアナウンサー、今度は台風で悲惨な姿に―中国

配信日時:2018年8月22日(水) 23時20分
拡大
お天気中継の最中、近くに落ちた雷が持っていた傘に伝わり、痛そうな顔をして「落雷アニキ」と話題になったお天気アナウンサーが、今度は台風で悲惨な目に遭った。
(1/2枚)

2018年8月21日、観察者網によると、お天気中継の最中、近くに落ちた雷が持っていた傘に伝わり、痛そうな顔をして「落雷アニキ」と話題になったお天気アナウンサーが、今度は台風で悲惨な目に遭った。

その他の写真

アナウンサーの暁東(シャオ・ドン)さんは昨年4月、大連テレビの番組「天気予報」で、傘を手に外でお天気中継をしていたところ、近くに落ちた雷が傘に伝わり、驚いた様子で「アイヨー!(痛たたたた!)」と傘を投げ捨てる姿が大きな話題となった。

そのアナウンサーが今度は台風にやられ、再び時の人に。今月20日、台風が上陸している大連は広範囲で暴風雨となった。暁さんはいつもどおり外でお天気中継をしていたのだが、あまりの風の強さに持っていた傘はバキバキに折れ、見るも無惨な姿になった。本人も中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で「史上最も悲惨なお天気アナウンサー」のタグをつけ、「去年は雷に打たれ、今年は風に飛ばされる。そうです、私です」とユーモラスにつぶやいている。また、「朝はアナウンス室ではイケメンだったのになぁ」「アイドル路線でいきたかったのに、すっかりお笑い枠に…」とも。

これを見たネットユーザーからは「はははははは」「悲惨すぎる…お疲れさまです!」「悲惨だ。笑ってはいけない、笑っては…プッ」「今後天気予報が外れても許すよ」「天に選ばれしアナウンサー」「来年は何をしてくれる?」といった声が寄せられている。(翻訳・編集/藤井)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本気象庁の豪雨への警戒呼び掛けに韓国ネットが感心しきり=「さすが先進国だ」「もし韓国で同じことが起こったら…」

7日、福岡県や大分県など九州北部で続く記録的な大雨で警戒が続く中、韓国の公共放送KBSが、警戒を呼び掛ける気象庁の会見で使われた、韓国では耳慣れないというある表現に注目し報じた。資料写真。

Record China
2017年7月7日 16時20分
続きを読む

ランキング