日本の子どものある自由研究、中国ネットで絶賛される=「日本に行くのが楽しみになった」

Record China    2018年8月24日(金) 12時10分

拡大

21日、中国版ツイッター・微博で、日本の小学生が実施したユニークな夏休みの自由研究が紹介され、中国ネットユーザーの注目を集めた。

2018年8月21日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、日本の小学生が実施したユニークな夏休みの自由研究が紹介され、中国ネットユーザーの注目を集めた。

日本の情報を発信するあるアカウントが21日に紹介したのは「近所のコンビニやスーパーで販売されているツナマヨおにぎりの味比べ」だ。近所のコンビニ3店舗、スーパー3店舗のツナマヨおにぎりを買い求め、実食した上でその味を分析し、「コンビニのほうがスーパーよりもおいしい」「ツナのボリューム重視ならローソン、のりの味と食感が大事ならセブンイレブン、塩気とマヨネーズを好むならファミリーマート」との結論を出したと伝えている。

この自由研究に中国のネットユーザーは「おもしろい調査だな」「ははは、かわいらしい小学生だ」「今から日本旅行するためにパスポートを取りに行くが、日本に行くのがさらに楽しみになった」「夏休みじゅうコンビニに通いまくったのかな」といった感想を寄せた。

また、「こういう夏休みの自由研究って大好きだわ」「素晴らしいよね、小学生のうちからこういう研究意識を持つなんて」「こういう自由研究は、夏休みのワークブックよりもはるかに優れていると思う」との声も見られる。

さらには「日本と中国のコンビニで食べる弁当やおにぎりは味が違うのか」と質問するユーザーもおり、「種類も味も日本と中国ではぜんぜん違うよ」「日本のファミマには明太子おにぎりがあるけど、中国のファミマにはないね」などの議論を呼んでいた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携