<サッカー>日本人はここが違う!世界的名プレーヤーが語る=中国ネット「これぞ日本が進歩できる理由」

配信日時:2019年2月13日(水) 16時20分
世界的名プレーヤーが語る「日本人の違い」、中国ネットの反応は…
画像ID  1017433
ヴィッセル神戸に所属するサッカー元スペイン代表のアンドレス・イニエスタが雑誌『Esquire』に日本の印象について語った内容が、中国のネットユーザーの注目を集めている。
ヴィッセル神戸に所属するサッカー元スペイン代表のアンドレス・イニエスタが雑誌『Esquire』に日本の印象について語った内容が、中国のネットユーザーの注目を集めている。

34歳のイニエスタは昨年5月に世界的なビッグクラブ・FCバルセロナからヴィッセル神戸に電撃移籍を果たした。ヴィッセルではこれまで14試合に出場し3ゴールを挙げている。

イニエスタはこのほど受けた同誌のインタビューで、「日本に適応するのは難しい。日本の文化は私たちのそれとは大きく異なるから」とする一方、「でも今は私も妻や子どももうまく適応できて楽しんでいるよ」と語った。

さらに、「日本人は私たち欧州人よりもずっと落ち着いているんだ。スタジアムの観客や選手を見れば分かる。彼らは自分たちのチームを応援し、抗議もする。でも、欧州のサポーターのように怒ったりはしない。彼らは失敗に対して、私たちとは違った見方を持っている。この考え方に慣れるのは難しかった。日本人には競争意識があるが、彼らは失敗の中から経験をくみ取る。ここではバルセロナにいた時よりも心が穏やかだ」と語ったという。

イニエスタの日本に対する印象に、中国のネットユーザーからは「これこそ、日本が進歩できる理由だ」とたたえるコメントが寄せられ、他のユーザーから多くの支持を集めている。また、「日本がアジアで最も強大な国ということは否定できない」「日本の耐え忍ぶ能力は強い」という見方も示すユーザーもいた。一方で、「バルセロナは強過ぎるから、わずかな失敗も許されなかったのだろう。これが違い」と指摘する声も寄せられた。

ヴィッセル神戸は昨シーズンのイニエスタに続き、今シーズンは元スペイン代表のダビド・ビジャや元日本代表の山口蛍、西大伍を獲得するなど、大型補強を続けている。前線には17年に加入した元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキが構えており、Jリーグ屈指の豪華なメンバーをそろえている。(北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事