Record China

ヘッドライン:

バドミントン女子団体、日本が中国の6連覇の夢を粉砕=中国ネットも「完全にレベルが違った」と完敗認める

配信日時:2018年8月23日(木) 11時40分
拡大
22日に行われたアジア大会バドミントン女子団体決勝で、日本が中国を破り、1970年のバンコク大会以来48年ぶりの優勝を果たした。写真はジャカルタ・アジア大会。

22日に行われたアジア大会バドミントン女子団体決勝で、日本が中国を破り、1970年のバンコク大会以来48年ぶりの優勝を果たした。

日本は第1シングルスで山口茜が敗れるも、続く第1ダブルスで福島由紀、広田彩花ペアがストレート勝ち。第2シングルスでは奥原希望が2—1で接戦をものにし、最後は高橋礼華、松友美佐紀ペアがストレートで勝利して3—1で中国を下した。

中国のスポーツメディア・網易体育は「6連覇の夢砕かれる!バドミントン女子団体は日本に逆転で敗れ銀」と題する記事で試合内容を詳しく報じた。中青在線は「団体で日本に敗戦、中国女子は反省を」、北京青年報は「女子団体で日本に敗戦、(東京)五輪に暗雲」との見出しでそれぞれ伝えている。

この結果に中国のネットユーザーからは、「道は、険しいな」「第1シングルスで勝った時は優勝を確信したけどな…」「(日本との)差は本当に大きい。重く見てほしい」「ダブルスは完敗。その上、あっさり負けた」「完全にレベルが違った。日本のバドミントンは本当に強くなった」など、差を感じたというコメントが多く寄せられた。

この他、「五輪では誇らしい戦いを期待したい。頑張れ」などと励ます声や、「日本を軽く見てはいけない。挙国体制で強化を進めるサッカー以外でもどんどん成長していて、東京五輪で金メダルを取れる競技を増やしている。卓球でも中国はもはや絶対的な力はない」と2年後の五輪に向けて警戒するコメントも寄せられている。(翻訳・編集/北田

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング