衝撃の事実!「一帯一路」の重要な港の経営者はみな中国人―中国メディア

配信日時:2018年8月22日(水) 6時40分
衝撃の事実!「一帯一路」の重要な港の経営者はみな中国人
画像ID  1017255
20日、中国新聞網は、世界各地にある「一帯一路」の重要な港の所有者がみな中国人だとする記事を掲載した。写真はピレウス港。
2018年8月20日、中国新聞網は、世界各地にある「一帯一路」の重要な港の所有者がみな中国人だとする記事を掲載した。

記事は「世界地図をよく見てみると、『一帯一路』沿線の要と言える重要な港の多くが今、中国人によって経営されているという衝撃の事実に気づく」とした。

まず挙げたのは、ギリシャ・ピレウス港。「欧州の南大門」「21世紀海上シルクロードが中東欧へ通じる門戸」とし、良好な環境を備えながら現地経済の不況により発展できなかったところ、2016年に中遠海運が3億ユーロあまりを投じて株式を買い取り、港の経営者になったとした。

続いて、「スペイン南東部のバレンシア港は地中海におけるコンテナ取扱量最大の港で、スペイン経済のエンジンともいえる存在だ。昨年6月、中遠海運が運営会社の株式の51%を買い取って筆頭株主となった」と紹介した。また、同じくスペインの北部にありアジアとヨーロッパを結ぶ重要な拠点とされるビルバオ港も中遠海運が運営会社の株式を買い取ったという。

さらに、「スリランカ南部海岸のハンバントタもアジアから欧州につながる航路に近い絶好の位置にあり、大きな潜在力を秘めている。昨年7月に中資企業招商業局港口有限公司が現地当局と99年の経験取得に関する合意を結んだ」と伝えている。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事