アジア大会出場の日本の4選手が現地で買春?中国ネットも呆れ=「恥ずかしい」「窃盗の次は買春か」

配信日時:2018年8月20日(月) 18時20分
アジア大会出場の日本の4選手が現地で買春?中国ネットも呆れ
画像ID  1017046
20日、ジャカルタ・アジア大会の日本代表選手に「買春行為か?」との報道が出たことに、中国のネットユーザーが反応を示している。資料写真。
2018年8月20日、ジャカルタ・アジア大会の日本代表選手に「買春行為か?」との報道が出たことに、中国のネットユーザーが反応を示している。

問題行為があったのはバスケットボール男子の選手4人で、新浪体育は山下泰裕・日本選手団団長が20日の記者会見でこの件を謝罪したことを説明。記事は日本メディアの報道を引用する形で「4人は16日夜、歓楽街に食事に行ったが、その後出会った日系の客引きに女性を紹介された」などと伝え、4人が代表選手資格をはく奪されて帰国処分となったことを報じた。

新浪体育はこれとは別に、「日本バスケットボール協会の三屋裕子会長の謝罪に日本のネットユーザーから厳しい意見が寄せられた。問題の選手もSNS上で批判を受けている」とする記事も掲載。中国のネットユーザーは今回の騒動に対し、「恥ずかしい」「前回のアジア大会はカメラ窃盗が報じられたが今回は買春か」「帰国して頭を下げればもう終わりじゃない?日本には『お辞儀』で解決できない問題なんてない」などの辛らつなコメントを寄せている。(翻訳・編集/野谷
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事