<中国人観光客が見た日本>懐石料理コースで最も印象に残った三品

配信日時:2018年8月25日(土) 12時50分
<中国人観光客が見た日本>懐石料理コースで最も印象に残った三品
画像ID  1016851
19日、中国のネット上にこのほど、日本料理についてつづった中国人旅行者の旅日記が掲載された。
2018年8月19日、中国のネット上にこのほど、日本料理についてつづった中国人旅行者の旅日記が掲載された。以下はその概要。

今回の日本旅行の前に、ミシュランガイドに掲載されているレストランで食事したことが一度だけある。それはニューヨーク・マンハッタンにあるChef’s Table at Brooklyn Fareで、当時はその評価だけを頼りに訪れたのだが、後になってシェフが日本で料理を学んだことがあると知った。

そうしたこともあって、私たちの今回の日本旅行での「訪問リスト」に懐石料理は早くから加えられていた。私たちのような旅行者には、料理の味そのものよりも、食事の際に体験した目新しさの方が印象に残るものだ。半年たった今思い出してみて、最も印象に残っている三品は、桜の葉の天ぷらの前菜と、コースの中で最も高価だと聞いた白子の刺身と、個人的に最も美味だったスープの中の大根だ。桜の葉には特別な味はなかった。白子は生臭く、中国の火鍋料理に出てくるブタの脳みそのようだった。一番おいしいと感じたのが大根とは、泣くに泣けず笑うに笑えない。

日本のストリートフードはとてもユニークだ。奈良で食べた天ぷらは、油こくて高カロリーなものに対する愛情を呼び覚ましてくれた。大阪で食べたたこ焼きは、豪快に撒かれた削り節が踊っていた。東京の銀座ではビルの谷間でアフタヌーンティーを楽しんだ。ラデュレの店内で、有名なマカロンとエレガントにデコレーションされたケーキと紅茶をいただいた。旅の最後に、窓の外を行き交う人たちを眺めながら、のんびりした時間を満喫した。(翻訳・編集/柳川)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事