Record China

ヘッドライン:

近未来を感じるロボットレストラン、アリババが上海南翔にオープン!

配信日時:2018年8月23日(木) 6時0分
拡大
2018年2月、アリババグループが上海嘉定区南翔にスーパー盒馬鮮生(フーマーシィエンショォン/Hema)上海南翔店をオープン、店内にロボットレストラン「ROBOT HE 機器人餐庁」があり、ハイテクレストランとして地元で話題となっている。
(1/11枚)

2018年2月、アリババグループが上海嘉定区南翔にスーパー盒馬鮮生(フーマーシィエンショォン/Hema)上海南翔店をオープン、店内にロボットレストラン「ROBOT HE 機器人餐庁」があり、ハイテクレストランとして地元で話題となっている。ちなみに、盒馬鮮生はアリババグループのニューリテイル戦略を実践する生鮮スーパーだ。

その他の写真

このロボットレストランでは、注文から決済まで全て、アプリで完了、注文した食事は、モバイルカーにより運ばれてくる。もともとこの盒馬鮮生では、海鮮など、大きな水槽から食材を選び、その場で調理・加工し、イートインできることが人気を集めている。

ロボットレストランのシステムは、まず、盒馬鮮生のアプリをダウンロードすることから始まる。そして、盒馬鮮生のアプリ内の決済QRコードをスキャンして、座席ナンバーを受取り、入店する。入店すると、まず大きなレーンが目に入る。日本人には、さながら「巨大な回転寿し」のようにも映ると思う。

手にした座席ナンバー通りに席につき、テーブルにあるQRコードをスキャンして料理を注文する。もちろん、海鮮類は、スーパー内で直接食材を見て、注文することもできる。また、スーパー内で購入したサラダや総菜、フルーツ類なども持ち込み可能だ。

テーブルに設置された画面では、注文した料理の過程が「準備中」「調理中」などと表示される。モバイルカーが到着すると、「ご注文の料理ができました」との音声が聞こえた。上部のカバーがあくので、料理をとりだすと、自動で閉まり、また走り出していく。

システム制御されているので、注文した席に効率よく届けている。衛生的でもあるし、アトラクションのようで、モバイルカーが来るのが面白く、ついつい注文を追加してしまいそうだ。

さて、ロボットレストランとは言っても、入口にはスタッフがいて、システムを説明しているし、片付けはスタッフが実施している。調理もロボットではなく、人が調理しているので、どちらかというと、人とロボットとで、効率的に役割分担をしているようだ。

中国で「無人化」サービスが急速にすすんでいるが、本当に「無人」のところもあれば、こうした人とハイテク技術が融合した「無人化」もある。店内は、宇宙空間、近未来をイメージしたディスプレイ。明るく開放感があり、清潔感も感じる。上海で一度は体験してみたいレストランである。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「上海のロボットレストラン」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

杭州市のドリームタウンでドローン・デリバリー体験!

中国でキャッシュレス化や無人化に関する話題をよく聞くようになり、最近では、もうどんな業種や店舗が無人化になってもあまり驚かなくなったが、そうした中、久々に大きな注目を集めたのが、「ドローン・デリバリー」だ。

フライメディア
2018年7月11日 19時20分
続きを読む

ランキング