韓国のTHAAD配備に反対する中国、自らは山東半島にS—400を配備=その意図とは?―韓国紙

配信日時:2018年8月18日(土) 0時0分
中国が山東半島にS‐400を配備した「真の意図」―韓国紙
画像ID  1016246
17日、米華字メディア・多維新聞によると、韓国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備に反発する中国が山東半島に長距離地対空ミサイルS—400を配備したことについて、韓国紙が中国の「真の意図」を分析を行っている。資料写真。
2018年8月17日、米華字メディア・多維新聞によると、韓国THAAD(高高度防衛ミサイル)配備に反発する中国が山東半島に長距離地対空ミサイルS—400を配備したことについて、韓国紙が中国の「真の意図」を分析を行っている。

韓国紙・中央日報は17日付の記事で、「韓国のTHAAD配備に対する報復措置を展開する中国は、7月に韓国から最も近い山東半島に『ロシア版THAAD』と呼ばれるS—400を配備した」と紹介。「その意図は軍事的な不均衡をつくるためである」とし、「おそらく中国が韓国に対する報復を行う最大の原因だろう」と分析した。

その上で、「中国の目的はおそらく、東シナ海(黄海)における軍事的な地位において、米韓をリードすること。S—400の射程は400キロとTHAADの2倍あり、山東半島から発射すれば韓国の西海岸上空に到達する。有事の際、烏山空軍基地から離陸するF—16戦闘機を制することができる」とした。

さらに、「S—400は米空母の東シナ海進入もけん制できる。レーダー探知距離は700キロで、朝鮮半島や平沢米軍基地(キャンプ・ハンフリーズ)まで収まる。北朝鮮の核問題によって朝鮮半島で軍事力を示さなければならない状況になった時、中国は朝鮮半島に脅威を与えられるが、韓国は対抗策がない。これが、中国が欲している戦略的な『不均衡』なのだ」と指摘した。

記事は、こうした現状を前にした韓国政府が「楽観的過ぎる」と批判。早急に対策を取るよう求めているという。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事