Record China

ヘッドライン:

40度の猛暑で日本に「観光公害」発生―中国メディア

配信日時:2018年8月20日(月) 8時30分
拡大
17日、参考消息網は、連日猛暑が続く日本で、海外からの旅行者が集中する京都などの観光地で、炎天下に旅行者や住民がバスに乗れないなどの「観光公害」が発生しているという日本メディアの報道を伝えた。写真は京都。

2018年8月17日、参考消息網は、連日猛暑が続く日本で、海外からの旅行者が集中する京都などの観光地で、炎天下に旅行者や住民がバスに乗れないなどの「観光公害」が発生しているという日本メディアの報道を伝えた。

読売新聞によると、京都ではこの夏、連日40度近い猛暑が続いている。今月初め、清水寺近くのバス停で、満員のバスがバス停で待っている客を積み残した。外国人観光客はうらめしげにバスを見送ったが、同様の状況は京都で日常化しているという。中国・西安から来た20代の旅行者は携帯型の扇風機を手に「暑くて耐えられない」と嘆き、近くの和菓子店の店主はあきらめたように「もう慣れました」とこぼしたという。

日本では富士山や桜の季節など、外国人観光客が集中する場所や時期がいくつかある。いずれも人でごった返すため、観光関係者や政府は旅行者の分散を図っている。JR東海は今、京都へ行くなら「初夏をおすすめ」とキャンペーンを展開した。桜や紅葉の時期に観光客が集中するのを抑えるためだという。

日本政府も6月、持続可能な観光の推進本部を設置。旅行者の分散に向けた施策を探り始めている。(翻訳・編集/大宮)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング