Record China

ヘッドライン:

「宇宙強国」目指す韓国が新型ロケット発射へ、先代は3回のうち2回失敗―中国メディア

配信日時:2018年8月18日(土) 8時40分
拡大
16日、澎湃新聞は、「宇宙強国」を目指す韓国が今年10月にKSLV−2型ロケット発射を計画していると報じた。資料写真。

2018年8月16日、澎湃新聞は、「宇宙強国」を目指す韓国が今年10月にKSLV−2型ロケット発射を計画していると報じた。

韓国紙・中央日報電子版の16日付報道によると、韓国航空宇宙研究院が14日、10月に発射予定の同ロケットの模擬ロケットを全羅南道高興外羅老島の発射台まで運んだ。模擬ロケットは実物と同じ寸法だが打ち上げることはできないとのことで、実物の発射に向けて1カ月間の各種テストや検査を受けるという。

KSLV−2ロケットは韓国製の三段型ロケットで、二段型ロケットだった先代の羅老ロケット(KSLV−1)よりも長くて重い全長46.5メートル、重さ200トンとなっており、一段ロケットの推力も300トンと羅老ロケットよりもはるかにパワーアップしているという。また、最大積載能力も先代期の100キロ余りから1.5トンへと大幅に拡大しており、10月の発射に成功すれば、韓国は小型衛星を自国のロケットで宇宙に運べるようになる。

記事は「先代の羅老ロケットは2009年、10年の2度発射に失敗し、13年の3度目でようやく成功。世界で11番目に自らのロケットを用いて衛星を宇宙に送り出した国となったが、その一段ロケットがロシア製だったことから、韓国メディアからは『半分韓国ロケット』などと批判された。KSLV−2は自国製のエンジンを搭載しており、正真正銘の『韓国ロケット』になりそうだ」と伝えている。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国型ロケットが最終関門のフェアリング分離実験を初公開=韓国ネット「まだその段階?」「日本は70年代に打ち上げたのに…」

2日、韓国・メディアによると、ロシアと共同開発した人工衛星打ち上げロケット羅老号の発射成功の後、2021年に独自技術で開発した韓国型ロケットの完成を目指す韓国航空宇宙研究院が、最終関門とされるフェアリングの分離実験の様子を初公開した。資料写真。

Record China
2018年4月3日 6時20分
続きを読む

韓国が宇宙ロケットエンジンの保有国に!燃焼実験に成功=「誇りに思う」「これをICBMにしたら…」―韓国ネット

8日、韓国・東亜日報によると、韓国航空宇宙研究院が全羅南道高興郡羅老宇宙センターで行われた飛行試験用エンジンの燃焼試験を正常に終えた。この報道を受け、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

Record China
2017年12月11日 8時30分
続きを読む

韓国国産ヘリコプターの運航が全面停止に、墜落事故で衝撃広がる=「国産の限界」「考えられない事故」―韓国ネット

18日、韓国・SBSによると、16日午後に韓国製ヘリコプター「マリンオン」が、離陸直後数秒でメーンローターが丸ごと外れる墜落事故を起こしたことを受け、マリンオンの母体となったヘリコプター「スリオン」の運航が停止された。写真は韓国軍。

Record China
2018年7月19日 14時20分
続きを読む

ランキング