韓国サムスンvs中国ファーウェイ、折り畳みスマホを制する者が市場を制す?―中国メディア

配信日時:2018年8月19日(日) 7時0分
サムスンvsファーウェイ、折り畳みスマホを制する者が市場制す?
画像ID  1015897
15日、中国メディアの参考消息網は、折り畳みスマートフォンの一番乗りをめぐる韓国サムスン電子と中国ファーウェイ(華為技術)の「争い」について報じた。写真はフランスのファーウェイの広告。
2018年8月15日、中国メディアの参考消息網は、折り畳みスマートフォンの一番乗りをめぐる韓国サムスン電子と中国ファーウェイ(華為技術)の「争い」について報じた。

記事はまず、14日付の韓国紙・東亜日報の報道を引用。サムスンをはじめ、アップル、ファーウェイ、シャオミ(小米)、LGエレクトロニクスなど世界の端末メーカー大手がこぞって折り畳み式スマホの開発競争を繰り広げ、ファーウェイが今年11月にも世界に先駆けて発表すると伝えられる中、サムスンは(液晶画面を折り畳める)フォルダブルフォンだけは「初」を奪われたくないとの立場を表明したことを伝えた。

サムスン電子のITモバイル(IM)部門トップの高東真(コ・ドンジン)社長はこのほど、「世界初というよりは、消費者に本当に好まれ受け入れられる『革新』に集中している」としながらも、「フォルダブルフォンだけは『初』を奪われたくない」と意欲を示したという。

記事は続けて、14日付の韓国紙・中央日報の報道を引用し、高氏が「これまで具体的に話せなかったのは品質と耐久性の問題のためだ。そのような問題は乗り越えたようだ」とし、具体的な時期には触れなかったものの、ファーウェイの11月より早い発表に意欲を見せたことを伝えた。

記事はさらに、13日付の日本経済新聞(中国語電子版)の報道を引用。サムスンが先ごろ米ニューヨークで、本体の電池容量を前モデルから2割拡大したタッチペン付きの新型高級スマホ「ギャラクシーノート9」を発表したことについて、「ユーザー等の反応は『まずまず』といったところ。だが発表会に出席したフランス人男性からは『真新しい機能はない』との声も聞かれた」と伝えた。

日本経済新聞は「米調査会社IDCが発表したスマホの今年4~6月期の世界出荷台数調べで、サムスンは前年同期比10%減と振るわなかった。世界のスマホ市場は飽和状態にある。インドと東南アジアは2桁の成長を保つとみられているが、売れているのはファーウェイやシャオミなどの中国ブランドだ。サムスンは今年1~3月期にインドでの出荷台数ベースでもシェア首位の座をシャオミに奪われている。ノート9も苦戦となれば、4~6月期の出荷台数においてアップルを抜いて2位に浮上したファーウェイに抜かれることも現実へと近づきつつある」などと伝えている。(翻訳・編集/柳川)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事