Record China

ヘッドライン:

東京交響楽団、上海で世界の名曲を披露―中国メディア

配信日時:2018年8月16日(木) 18時10分
拡大
東京交響楽団が14日夜、上海交響楽団音楽ホールで世界のさまざまな名曲を演奏した。
(1/2枚)

東京交響楽団が14日夜、上海交響楽団音楽ホールで世界のさまざまな名曲を演奏した。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

同日、中国交響楽発展基金会、上海市対外文化交流協会、日本文化庁などが共催する日中平和友好条約締結40周年を祝う「東京交響楽団中国上海2018公演」が行われた。

昨年、日中両国の文化大臣会合で、日中平和友好条約締結40周年の今年、両国が相手国に芸術団体を派遣して公演を行うことで合意していた。

在日本中国大使館の程永華(チョン・ヨンホア)大使は祝辞を寄せ、「音楽は人類共通の言語で、東京交響楽団は『東京交響楽団記念公演』などの一連の公演を行い、観客にハイレベルのアートの祭典を提供しているほか、日中文化交流、両国国民の相互理解、親睦を促進する上でも新たな貢献をしている」とした。

今回の公演では、飯森範親氏が指揮者を務め、ゲストの中国のバイオリニスト・朱丹(ジュウ・ダン)氏と東京交響楽団が、チャイコフスキーのバイオリン協奏曲を演奏した。文化庁の宮田亮平長官は祝辞の中で、「観客が日中のアーティストの素晴らしいコラボを楽しむことを願っている」と述べた。

1946年に設立された東京交響楽団は、文部大臣賞のほか日本の主要な音楽賞の多くを受賞している。同楽団はこれまで、海外57都市で公演を行ってきた。86年には、中国を訪問した初の日本の交響楽団となった。東京交響楽団の大野順二楽団長は、「公演で演奏される交響曲第9番『新世界より』などは、日中両国の国民がよく知っている曲。今回の公演が、日中平和友好条約締結40周年を機に、新たな出発地点となり、友好交流の新しい世界が切り拓かれることを願っている」と話す。

指揮者の飯森範親氏は、「日中平和友好条約締結40周年を機に、両国がこのような記念活動を開催するのはとても喜ばしいこと。両国のアーティストは日中友好のために取り組むべきだ」と語った。

中国のバイオリニスト・朱丹氏は、「日本のアーティストと共に、各名曲を演奏し、両国の友好に貢献でき、とても光栄だ」と語った。

公演では、中国内モンゴル自治区のウラド民歌「鴻雁」や日本の民謡も披露された。「鴻雁」のチェロの独奏を披露した東京交響楽団に所属する唯一の中国人・黄原亮司氏は、「僕は上海出身。『鴻雁』は、中国ではお馴染みの曲だ。鴻雁は平和の象徴でもあり、今回それを演奏できたのはとても意義のあること」と語った。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「宮崎駿の作品がずっと大好き」「子どもはほとんど見た、私も見てみたい」=西寧市で開催された「天空の城コンサート」が盛況―中国

12日夜、「天空の城ラピュタ」「千と千尋の神隠し」「となりのトトロ」など、スクリーンに映し出される宮崎駿の代表作のワンシーンを見ながら、久石譲が手掛けたサウンドトラックを聴く「天空の城-視聴交響コンサート」が青海省西寧市で開催された。

人民網日本語版
2017年4月14日 0時20分
続きを読む

ランキング