家の中で熱中症になる日本の高齢者はなぜエアコンを使わないのか―中国メディア

配信日時:2019年8月11日(日) 18時10分
家の中で熱中症になる日本の高齢者、なぜエアコンを使わないのか―中国メディア
画像ID  1015854
9日、成都商報は、「日本の高齢者はなぜエアコンを使わないのか」とする記事を掲載した。写真はエアコン。
2019年8月9日、成都商報は、「日本の高齢者はなぜエアコンを使わないのか」と題する記事を掲載した。

記事は、「梅雨明け後に猛暑となっている日本では、熱中症で病院へ運ばれる人の数が急増している」と紹介。「7月29日から8月4日までの間に全国で1万8000人以上が熱中症の疑いで救急搬送されたが、そのうち1万人近くが65歳以上の高齢者だった」と伝えた。熱中症の発生場所の約40%が室内との調査結果もあり、「65歳以上の高齢者の多くが室内で熱中症にかかっており、その主な理由がエアコンを使用していなかったこと」と指摘した。

記事は、高齢者が夏でもエアコンを使用しない理由にの一つに、「約2割の単身高齢者宅にはエアコンがないこと」を挙げた。内閣府が発表した「2019年消費動向調査報告」によると、現在の日本のエアコン普及率は90.9%だが、60歳以上の単身世帯では79.8%であることを紹介し、「60歳以上の単身世帯は往々にして古い家に住んでおり、エアコンがない部屋が多く、夏の猛暑が来ると室内で熱中症になることがある」と伝えた。

また、別の理由として「節電志向」も関係していると分析。みずほ情報総研が行った調査によると、「エアコンではなくうちわや扇風機を使うなど、節電を意識した行動をとっている」という人は、20代で18%、30~50代で約30%なのに対して、60代では35%、70代で39%と、年齢が上がるほど割合が高いという結果が出たと紹介。「高齢になるほど節電意識が高く、それゆえにエアコンを使わない傾向がある」と指摘した。

記事はまた、同調査から、年齢が上がるにつれて古いエアコンを使用し続けている割合が高いことも分かったと紹介。エアコンの所有年数が15年以上の世帯は、20~30代では5~7%だが、年齢が上がるほど割合は高まり、50代以上になると約20%になること、古いエアコンは省エネ性能が低く、買い替えが望ましいものの高額であるため、高齢者には買いにくい事情があることなどを伝えた。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2019/08/12 22:35)

    電気代が高いってのもあるだろうさ。 そういう話をすると「原発ガー」って言い始めるアホもいるけどね。原発なんて政府が助成金を出してるから安くできてるってだけで、決して「安価なエネルギー源」ではない。 むしろ廃炉費用や使用済み核燃料の処理費用まで含めると、とんでもなく「高く付く」エネルギー源だ。 まあ、日本は海に囲まれ風も豊富だし水資源にも困らない。太陽光に風力はポピュラーだが、水力に波力、何より一番有望な地熱も国内に豊富にある。 地熱といえばすぐに「温泉地の源泉が枯渇するだろうが」という的外れな批判が飛んでくる訳だが、今は技術の進歩で地中深くにパイプを通して地上から水を入れ、蒸気を取り出す方式がある。化石燃料が無いというだけで、実は日本にはエネルギー源は豊富にある。あとは国民の意識転換と、政府にやる気があるかどうかだけだ。 電気代が安くなれば、熱中症で死ぬ老人も減るだろ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2019/08/12 06:08)

    「ゆでガエル理論」ってのがある。 朝の涼しい状態から徐々に気温が上がっていくと、危険域に達しても気づかないのだ。 高齢になると温度に対して体が鈍感になることもあり、 エアコン使おうかなって思った時点で手遅れになってる。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/08/11 21:58)

    高齢者には『知識と経験では若者に勝っている』という自信がある。そのため文明の利器には頼らず、生活の知恵で暑さを乗り切ろうとするのだ。所詮はやせ我慢である。無理せずクーラーに頼ればいい。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事