Record China

ヘッドライン:

慰安婦ポスターめぐる日韓ネットユーザーの舌戦の中身―中国メディア

配信日時:2018年8月16日(木) 17時50分
拡大
2018年8月15日、環球時報は、韓国の女優ソルリが「慰安婦の日」の宣伝ポスターをSNS上に掲載したことで、日韓両国のネットユーザーが激しい罵倒合戦を繰り広げたと報じた。

韓国政府は昨年、毎年8月14日を「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」とすることを決定し、今年は1回目の「慰安婦の日」となった。ソルリが14日にSNS上で掲載した記念ポスターには「慰安婦被害者のおばあちゃんに支援を」「今年は初の国定記念日。政府の記念イベントが開かれる」などの文言が書かれていた。

記事は、「これに対して日本のネットユーザーが激しい口撃を仕掛けた」とし、「慰安婦は高収入の売春婦だった。これは歴史の事実だ」「募集事項に慰安婦と明記され、収入も書かれていた。家族によって売りに出された者もいる。韓国政府はウソをついて日本を攻撃し、日本から金銭を巻き上げようとしている」「慰安婦問題が全部日本の誤りだと思うところがすごい。ちゃんと歴史を学べ」「ソルリによって嫌韓が加速中。正しい歴史を学んでから出てきて」といったコメントが寄せられたと紹介した。

また、韓国のネットユーザーも日本からの声に対し「日本の教科書は多くの事実を削除している。本当の歴史を知りたいなら、韓国や中国の歴史を学べ」「野蛮で自分勝手な奴らめ」などと応戦した他、さらに原発事故や災害を持ち出して過激な「反撃」を繰り出したと伝えている。

記事はソルリについて「女性アイドルグループf(x)の元メンバーで、15歳でデビュー。18歳の時にドラマ『花ざかりの君たちへ』で主演して人気が高まった。2015年にグループを脱退してからは女優として活動するが、その言動から批判を浴びることも多く、韓国国内で行われた『SNSでの露出を減らしてほしい有名人』アンケートで1位になった。今回の書き込みは、彼女が韓国国内で最も支持された書き込みになったようだ」と紹介した。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング