北大教授が中国で人体実験か、中国ネット「なぜここまでおぞましいことを?」

配信日時:2018年8月15日(水) 16時50分
北大教授が中国で人体実験か、中国ネット「おぞましいことを…」
画像ID  1015590
15日、「北海道帝国大学の教授が中国で人体実験か」とのニュースが中国でも報じられた。写真は中国人民抗日戦争記念館。
2018年8月15日、「北海道帝国大学(現・北海道大学)の教授が中国で人体実験か」とのニュースが中国でも報じられた。この報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。

環球網は「日本の敗戦から73年となるこの日、中国人に対する日本人の非人道的犯罪がまた一つ明らかになった」とし、日本メディアの14日付の報道を紹介。「北海道帝国大学の理学部教授、故・小熊捍(まもる)氏が当時の満州で日本軍により捕らえられた中国人男性の睾丸を摘出し、染色体観察の実験に使ったことが北海道大学図書館が保存する1930年代の資料から分かった」との内容を伝え、同氏が抗日武装勢力を「材料」として使うことを提案したことや、「いずれにしても殺すから」との説明があったことも指摘した。

このほか、動画サイト・梨視頻はこの問題を伝える日本のニュース番組の映像を紹介。中国のネットユーザーからは「日本はなぜ、ここまでおぞましいことを?」「世代に関係なく、中国人はこの歴史を忘れてはならない」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事