73回目の終戦の日、靖国神社に政府要人が次々参拝―中国メディア

配信日時:2018年8月15日(水) 13時30分
73回目の終戦の日、靖国神社に政府要人が次々参拝―中国メディア
画像ID  1015578
15日、自民党の萩生田光一幹事長代行や古屋圭司衆院議院運営委員長、木原稔財務副大臣、稲田朋美元防衛大臣ら政府要人が次々と靖国神社に参拝に訪れた。
8月15日は73回目の終戦の日。東京・九段北の靖国神社には参拝する人々が次々と訪れている。8時過ぎには、自民党の萩生田光一幹事長代行や古屋圭司衆院議院運営委員長、木原稔財務副大臣、稲田朋美元防衛大臣ら政府要人が次々と参拝に訪れた。安倍晋三首相は参拝せず、代理を通じて同日午前、自民党総裁の名で玉串料を自費で奉納した。人民網が伝えた。

その他の写真

靖国神社はA級戦犯を含む戦死者を合祀する神社として知られており、毎年春と秋に行われる例大祭の期間中と8月15日の終戦の日には地方の団体や政界から要人が参拝に訪れる。安倍首相は2012年に第2次安倍内閣を組閣して以降、6年連続で8月15日に玉串料の奉納を行っている。(提供/人民網日本語版・編集/TG)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事