Record China

ヘッドライン:

73回目の終戦の日、靖国神社に政府要人が次々参拝―中国メディア

配信日時:2018年8月15日(水) 13時30分
拡大
15日、自民党の萩生田光一幹事長代行や古屋圭司衆院議院運営委員長、木原稔財務副大臣、稲田朋美元防衛大臣ら政府要人が次々と靖国神社に参拝に訪れた。
(1/7枚)

8月15日は73回目の終戦の日。東京・九段北の靖国神社には参拝する人々が次々と訪れている。8時過ぎには、自民党の萩生田光一幹事長代行や古屋圭司衆院議院運営委員長、木原稔財務副大臣、稲田朋美元防衛大臣ら政府要人が次々と参拝に訪れた。安倍晋三首相は参拝せず、代理を通じて同日午前、自民党総裁の名で玉串料を自費で奉納した。人民網が伝えた。

その他の写真

靖国神社はA級戦犯を含む戦死者を合祀する神社として知られており、毎年春と秋に行われる例大祭の期間中と8月15日の終戦の日には地方の団体や政界から要人が参拝に訪れる。安倍首相は2012年に第2次安倍内閣を組閣して以降、6年連続で8月15日に玉串料の奉納を行っている。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

靖国爆発音事件の韓国人受刑者の母、日本の刑務所の“非道な仕打ち”訴え=韓国ネット「韓国大使館は何をしてる?」「日本政府に抗議すべき」

12日、15年に起きた靖国神社の爆発音事件で懲役4年の刑を宣告され府中刑務所に服役中の全昶漢受刑者の母親が、「息子が刑務所で深刻な人権侵害を受けている」と訴えた。写真は靖国神社。

Record China
2017年12月12日 19時0分
続きを読む

「神社でむやみに手を合わせないで」増え続ける訪日韓国人に、韓国メディアが注意喚起=ネットも賛同「きちんとした歴史教育を」

15日、旅行などで日本を訪れる韓国人が過去最高の数字を更新する中、韓国・中央日報が、韓国人が日本を旅行する際に歴史をよく知ってから訪ねるべき神社3社を紹介した。写真は同日の靖国神社。

Record China
2017年8月17日 7時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング