Record China

ヘッドライン:

【動画】障害者手帳を持った物乞いの男性、手話を披露しぼろが出る―中国

配信日時:2018年8月17日(金) 1時50分
拡大
中国の広西チワン族自治区で8月12日、飲食店で物乞いをしていた男性が注意した店員につばを吐きかけるトラブルが起き警察が出動した。所持していた障害者手帳の番号が照合できないため、警察が対応を進めている。

中国の広西チワン族自治区南寧市で8月12日、飲食店で物乞いをしていた男性が注意した店員につばを吐きかけるトラブルが起き警察が出動した。所持していた障害者手帳の番号が照合できないため、警察が対応を進めている。14日付で広西新聞網が伝えた。

店員によると、男性は店内で客に対し物乞いをしていた。通報を受けて現場に到着した警官が対応に当たったが、男性は始終言葉を口にしなかったという。所持品を調べると障害者手帳が見つかり、そこには耳が不自由で言葉が話せない「ろうあ者」と記載されていた。同手帳の番号を照合したが該当する情報は見つからなかったという。

続けて、警官が「手話はできるか」と筆談すると、男性は「できる」と返し、警官が「助けてもらった人に感謝を述べた方がいい」と手話で感謝を伝えるよう促した。同じ内容を手話で3回表現させたが、男性の手話は3回とも違っていたため警察はろうあ者を装った可能性も含め対応を進めている。(翻訳・編集/内山

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング