Record China

ヘッドライン:

台湾に登場した慰安婦像に日本は不満、「日台の醜悪な顔が見えた」と中国メディア

配信日時:2018年8月15日(水) 19時50分
拡大
14日、台湾台南市で行われた慰安婦像除幕式をめぐり、中国・上観新聞は「台湾と日本の一部に見られる醜悪な顔が照らし出された」との記事を掲載した。写真は慰安婦像除幕式。

2018年8月14日、台湾台南市で行われた慰安婦像除幕式をめぐり、中国・上観新聞は「台湾と日本の一部に見られる醜悪な顔が照らし出された」との記事を掲載した。

この台湾初となる慰安婦像は台南市慰安婦人権平等促進協会が設置したもので、除幕式には国民党の馬英九(マー・インジウ)前総統も出席した。馬氏は与党・民進党の慰安婦問題に対する取り組みに疑問を投げ掛け、同協会も「女性である蔡英文(ツァイ・インウェン)総統にもこの活動を見てほしかった」と表明している。

記事はこうした状況を説明した上で、「像の完成は日本側の不満を招いた。なぜなら、像のすぐ近くには日本の占領時期に日本人が建てた百貨店があるからだ」「ある日本メディアはこの件を取り上げ、さらに野党・国民党の関わりを強調した」などと指摘。さらに「日本メディアの記事には根拠のないいい加減なコメントがたくさん寄せられていた」として、「台湾は親日だと思っていたのに残念」「やったのは反日国民党。台湾政府ではない」「中国共産党が日台の離反を画策」などの書き込みがあったことを伝えている。

記事はまた、「こうした日本からの不満に台湾の『媚日』メディアはすぐさま反応した」とし、多くの人から「慰安婦像は台湾の民意を代表するものではない」「慰安婦像は台日友好を破壊する」などの声が上がったことを説明。台湾の歴史教科書における慰安婦の記述問題に言及した上で、「日本に対する現在の台湾の尊厳なし、人格抜きの政治観念の下、あるネットユーザーが寄せた『慰安婦像の保護に気を配ろう。絶対に破壊されるようなことがあってはならない』との声に大いに注目すべきだ」と論じている。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング