Record China

ヘッドライン:

中国の商業銀行、2018年上半期の純利益は前年比6.37%増=ただし伸びは鈍化

配信日時:2018年8月15日(水) 5時0分
拡大
中国銀行保険監督管理委員会は13日、2018年上半期(1~6月)における商業銀行の純利益合計は前年同期比6.37%増の1兆322億元(約16兆6000億円)とした。伸び率は前年同期に比べて1.55ポイント下落した。写真は中国最大の商業銀行である中国商業銀行で撮影。

中国銀行保険監督管理委員会は13日、2018年第2四半期末(6月末日)における銀行業の主要指標を発表した。同年上半期(1~6月)における商業銀行の純利益合計は前年同期比6.37%増の1兆322億元(約16兆6000億円)とした。ただし、伸び率は前年同期に比べて1.55ポイント下落した。

第2四半期末に中国の金融機関が保有する資産(人民元建て+外貨建て)は前年同期比7.0%増の260兆元(約4184兆円)、負債は6.6%増の240兆元(約3862兆円)だった。

農業関連の貸付残高(手形貸付を含まず)は同7.3%増の32兆元(約515兆円)、零細業者(零細企業および零細企業主、個人商工業事業者)向けの貸付残高は13.1%増の32兆元だった。

商業銀行の第2四半期末における不良債権残高は第1四半期末比1829億元(約2兆9400億円)増の1兆9600億元(約31兆5000億円)だった。不良債権率は同0.12ポイント上昇して1.86%だった。

商業銀行の平均資産利益率は1.03%で、第1四半期末時点に比べて0.02ポイント下落した。平均資本利益率は13.70%で同0.30ポイント下落した。正常先債権は99兆6000億元(約1603兆円)、要注意先債権は3兆4000億元(約54兆7000億円)だった。(翻訳・編集/如月隼人

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

海南省が人材誘致のため日欧に連絡事務所を設置、上海企業が日本市場向けアプリゲーム受け付け開始など

キーワード:海南省人民政府、海南自由貿易区自由貿易港、日中科学技術センター、上海番糖網絡科技、オリエントコーポレーション(オリコ)、国立美術館、共同ピーアール、Lakala Payment、ラカラジャパン。写真は海南省の風景。

Record China
2018年8月14日 8時50分
続きを読む

ランキング