中国人女性が日本で戦慄!警察「何度もあなたのことを…」

配信日時:2018年8月14日(火) 21時50分
中国人女性が日本で戦慄!警察「何度もあなたのことを…」
画像ID  1014835
12日、中国版ツイッター・微博上に、「日本在住の友達にシェアしてほしい」として中国人女性が痴漢に付きまとわれた一部始終を紹介する文章が掲載され、注目を集めた。資料写真。
2018年8月12日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上に、「日本在住の友達にシェアしてほしい」として、中国人女性が日本で痴漢に付きまとわれた一部始終を紹介する文章が掲載され、注目を集めた。

女性は午後3時ごろ、近所のスーパーで買い物をして帰宅。自宅マンションのロビーに入り、エレベーターのボタンを押した。その瞬間、さっと人影が横切り、死角に隠れたという。女性はその人物がエレベーターに乗りたいのかと思い、しばらく待っていたものの、物音も立てず死角から出て来なかった。怖くなった女性は、自宅の階が知られるのを防ぐために違う階のボタンを押した。途中の階で下りてどうやって自宅に戻ろうかと考えていると、突然、階段に設置されたドアが開き、女性の様子をうかがうように頭を出してきたという。幸い、女性は隣家の玄関の前に立っており、頭上には監視カメラもあったことからその人物はすぐに逃げ出したという。

女性は友人に電話をして助けを求め、2人で警察へ向かった。そこで警察官から「あなたは初めて見たかもしれませんが、相手はもう何度もあなたのことを見ていたかもしれませんね」「(治安がいいと言われている場所でも)悪い人はどこにでもいますから」と言われ、恐怖心がさらに増したという。

そして、「日本に来る際には防犯スプレーや警報器を準備し、信頼できる連絡者を持つこと。すぐに110番通報できるよう短縮ダイヤルに登録しておくこと。そして帰宅中にはイヤホンをしないこと。夜に外出する際はホットパンツなど丈の短いボトムスを避けること。部屋の点灯、消灯を観察して住人の生活を把握する輩がいることに気を付けるべき」などと、日本在住の人たちにアドバイスしている。

女性による体験談について中国のネットユーザーは「何事もなくてよかったよ!」「気を付けなければ。近ごろは1人でアパートやマンションに住まない方がいいね」「これは本当に怖かっただろうな」「自分も帰宅時にいつもイヤホンをしていた。これからは気を付けよう」など、女性の身を案じつつ、経験をシェアして注意を呼び掛けてくれたことに感謝するコメントを多く残している。

また「日本旅行から帰ってきたばかりだけど、確かによからぬ眼差しで女性を見る男がいた」「韓国でも同じ。護身用のナイフを買った」との声も。さらには「身の安全を呼び掛けるよりも、身を守るために体を鍛えることを呼び掛けるべきかもしれない」という意見もあった。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事