北京市郊外で大規模な山崩れ、現場近くの道路には多数の車両

配信日時:2018年8月11日(土) 22時40分
北京市郊外で大規模な山崩れ、現場近くの道路には多数の車両
画像ID  1014573
北京市郊外の房山区で11日午前8時半ごろ、山崩れが発生した。現場近くには多数の車両が存在した。
北京市郊外の房山区で11日午前8時半ごろ、山崩れが発生した。現場近くには多数の車両が存在した。同市メディアの新京報などが伝えた。

その他の写真

北京市規劃国土資源管理委員会(国土資源計画管理委員会)によると、同市房山区大安山郷内で11日午前8時半ごろ、山崩れが発生した。午前8時20分ごろ、地質災害の監視スタッフが落石の発生を確認し、現場近くの軍紅路を通行止めにした。約10分後に相当な大規模な山崩れが発生した。

現場近くで止められていた車両も多かったため、複数の動画が撮影され、インターネットなどで発信された。乗用車やバスなど多数の車のすぐ前で、巨大な岩石が路面を直撃する様子などが撮影されている。崩れた土砂の体積は3万立方メートル程度とみられている。当局は現場の整理と道路の修復に着手したが、再び通行できるようになるのは30日ごろの見込み。

房山区は北京市南西部にあり、河北省に接している。山が多い地形で、渓谷の風景が楽しめる十渡風景名勝区などがある。また、核施設の設備研究や人員育成を行う北京核安保示範中心(核保安模範センター)があることでも知られる。

11日の山崩れで死傷者や車両への被害は出なかった。(翻訳・編集/如月隼人
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事