安倍首相は終戦記念日に靖国神社を参拝するか?中国ネット「本当のことを言うと…」

配信日時:2018年8月11日(土) 21時10分
安倍首相が終戦記念日に靖国を参拝するか、中国人はあまり興味なし?
画像ID  1014525
11日、新浪新聞の中国版ツイッター・微博アカウントの微天下は、安倍晋三首相が8月15日に靖国神社を参拝するかについての菅官房長官の回答を伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年8月11日、新浪新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントの微天下は、安倍晋三首相が8月15日に靖国神社を参拝するかどうかは、本人が適切に判断するようだと伝えた。

微天下は、「日本メディアによると、菅義偉官房長官は10日の記者会見で、安倍首相が8月15日に靖国神社を参拝するかどうかについての質問に対し、『首相本人が適切に判断する』と回答した。また、菅官房長官本人は参拝するのかという質問に対しても『適切に判断する』と述べるにとどまった。昨年の8月15日は、閣僚で靖国神社を参拝した人はいなかった」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「視線をそらさせるいい時期になりましたね」「また矛盾から目をそらさせようとしているのか?米国と関係が悪化しているのに、世界第三の経済国とも関係が悪くなっちゃうぞ」などのコメントが寄せられた。

また、「本当のことを言えば、安倍首相が参拝しようがしまいが、俺は全く関心がない」「率直に言えば、中国国内の民生問題の方に関心がある」「まずは自分の国の毒食品、毒ワクチン、環境破壊、不動産価格、株価からきちんと管理してほしい」「こんな小さな問題は、不動産価格や株式市場の問題など、自分の財布と関係のある問題に覆われてしまっている」などの意見も多かった。(翻訳・編集/山中)
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2018/08/15 14:41)

    靖国に対する思いは、第二次世界大戦をどう評価するかによって全く異なってくる。私は、第二次世界大戦は戦うべきではなかった戦争だったという意味で日本は間違っていたと思うが、同時に昭和10年以降の歴史の中で戦いは避け難かった、やむを得なかった戦争と思っている。なぜなら、戦争は独り相撲ではなく、相手があるものであり、自分が戦争をするつもりが無くても相手が攻めてくるならば戦わざるを得ないからだ。昭和10年以降、ルーズベルトや取り巻きの米軍の上層部が日本と戦争したがっていたことは明らかであり(米国は日清戦争以後の全ての権益の放棄を日本に求めていた)、戦わずして日本が敗北を認める以外に戦争は不可避であった(北が無条件で核を放棄できるかを考えてみよ)。日本側の外交が稚拙であった点は否めないが、消費税の10%に対してさえ反対する国民(特にリベラル)に戦前の日本を批判する資格はない。ただ追悼すればよいのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/08/14 12:07)

    あー、基本30台くらいか。あとは複アカだったりエミュレータ使ってたりするのかな? 不思議なことに、増える時は「決まった時間」に「ほんの数分の短時間」で増えるんだよねえw 最近はいよいよ安倍政権も評判悪いから、ネット工作も大変でしょう?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/08/13 18:04)

    一つ前のコメの青字の増え方が二つ前のコメと一緒ww ご苦労さまです。そうだよね。靖国神社下げのコメント増えたら困るもんねw 神社本庁か日本会議かJ-NSCかは知らないけど、軍国主義の本質突かれちゃうと徴兵制云々言い辛くなっちゃうし。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事