3回目の首脳会談を急ぐ韓国と北朝鮮、その背景に注目集まる=韓国ネットは開催に否定的

配信日時:2018年8月10日(金) 20時30分
なぜ終戦宣言を急ぐ?3回目の南北首脳会談開催に、ネットは否定的
画像ID  1014214
9日、韓国・KBSによると、韓国と北朝鮮が3回目の首脳会談の開催を積極的に推進しており、その背景に注目が集まっている。写真は南北境界の板門店。
2018年8月9日、韓国・KBSによると、韓国と北朝鮮が3回目の首脳会談の開催を積極的に推進しており、その背景に注目が集まっている。

記事によると、3回目の南北首脳会談は、早ければ今月末か来月初めに開催されるとの分析が出ている。来月9日に政権樹立70周年を迎える北朝鮮は、それまでに目に見える政治的成果を必要としている。米朝の非核化交渉が足踏みしていることから、首脳会談で新たな突破口を見つけたい考えとみられている。北朝鮮から首脳会談について議論するための閣僚級会談開催の提案があったことも、このためとされている。

首脳会談が開催された場合、北朝鮮が求める終戦宣言の具体的な内容と、非核化の期限など米国が北朝鮮に求める措置の具体的な内容が発表されると予想されている。また、北朝鮮が韓国に対し、非核化に相応する制裁の緩和など米国の段階的な対応措置を引き出すよう求める可能性もあるという。

記事は「そうなれば、行き詰っている米朝の非核化交渉に解決の糸口が見つかる」とし、「1回目の首脳会談の時と同様、南北首脳会談が米朝首脳会談の架け橋の役割をすることになる」と伝えている。

また、9月末の国連総会に合わせて米朝韓、米中朝韓が集まり、終戦宣言をする案も出ており、一部の専門家からは「南北首脳会談がそのきっかけになる可能性もある」と指摘する声が出ているという。

記事は最後に「米朝間の仲裁役をする韓国政府が、南北首脳会談前にどれだけ合意点を引き出すことができるかがカギとなる」と指摘している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「なぜそんなに終戦宣言を急ぐ必要がある?」「文大統領は北朝鮮のことしか考えられないの?」「文大統領は非核化の前に終戦宣言をするつもりでは?」「3回目の首脳会談開催に反対!北朝鮮に非核化の意思がないことは文大統領も分かっている。難民問題や経済不況で支持率が下がったからショーを準備しているだけ」「特に何の成果もなく終わりそう。しようがしまいが好きにして」など、南北首脳会談の開催に否定的な反応が多く寄せられている。

一方で「対話の努力は必要」「早く統一が実現してほしい。列車で平壌旅行にも行ける!文大統領を応援している」「なんだかんだ言っても、支持率50%を超える大統領。国民は文大統領を信じてついて行くしかない」と支持する声も見られた。(翻訳・編集/堂本
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事