日本と韓国、台湾人に人気なのはどっち?―台湾メディア

配信日時:2018年8月10日(金) 16時40分
日本と韓国、台湾人に人気なのはどっち?―台湾メディア
画像ID  1014126
台湾メディア・ETtodayは9日、「韓国はつまらな過ぎて日本に惨敗?」と題する記事を掲載。最近、台湾のネット上で、旅行先としての日本と韓国を比較する投稿があり、話題になったようだ。資料写真。
台湾メディア・ETtodayは9日、「韓国はつまらな過ぎて日本に惨敗?」と題する記事を掲載。最近、台湾のネット上で、旅行先としての日本と韓国を比較する投稿があり、話題になったようだ。

記事によると、台湾の著名なネット掲示板PTTであるネットユーザーが「韓国は本当につまらないのか」とする文章を投稿。「『ソウルは実際、台北とよく似ていて明洞は西門町と全く同じ』と言う人がいるけど、日本と比べているだけなのか。求める基準が高いのか。女の子は安くてかわいい洋服が買えるというけど、その他はどうなの?」などと尋ねた。

すると、他の多数のユーザーから「本当につまらない。単なる第2の台湾」「台北に行くのと変わらない感覚だよ」「つまらな過ぎるとまでは言わないけど、日本にはだいぶ負けてる」といった感想が寄せられたという。ただ、「食べ物はすごくおいしいと思う。食べ物のためなら3回は行きたい」という意見もあったようだ。

また、「周りの人はみんな日本に行ってばかり。ある人は10回以上も行っているけど理解できない。世界にはたくさん国があって、死ぬまでにいくつ行けるか分からないのに同じところに2回なんて」というユーザーもいたが、別のユーザーからは「日本の四季ははっきり分かれているから、日本を4つの地域に分けるとしても、4×4で16種類の旅になる」という返信があったという。

この他、「一番重要なのは、日本だとだいたい半分くらいの文字は読んでわかるし、勘を働かせれば8割は分かる。治安も問題ないし、交通は便利。買い物するにも中国語が話せる店員がすごく多いんだから、当然、言葉も文字も分からない韓国に比べればずっと良い」という意見も寄せられたそうだ。

記事は最後に、台湾観光局の統計で、昨年、最も多くの台湾人が訪れたのが日本で461万5873人だったと紹介。韓国を訪れたのは88万人で、中国本土、香港に次いで4位だったという。(翻訳・編集/北田
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事