Record China

ヘッドライン:

世界の航空会社が台湾表記修正、ホテルでも同様の動き―中国メディア

配信日時:2018年8月10日(金) 11時40分
拡大
中国が台湾の扱いに関して世界各国の航空会社44社に修正を求め、各社が表記修正に動いたのに続き、今度はホテル業でも同様の事態が起きている。写真は台湾。

2018年8月10日、環球網によると、中国が台湾の扱いに関して世界各国の航空会社44社に修正を求め、各社が表記修正に動いたのに続き、今度はホテル業でも同様の事態が起きている。

9日、台湾のネットユーザーが明らかにしたところによると、台湾の新北市にあるマリオット・インターナショナル傘下のフォーポインツ・バイ・シェラトンが台湾の表記を「中華民国」から「中国台湾」に修正し、国旗も「青天白日旗」から「五星紅旗」に変更したという。

台湾紙・聯合報もこうした動きを伝えており、ホテル側は設備や表記などは国際ブランドとしての規範にのっとったもので、ホテルが独自に決められるものではないと明らかにしている。

マリオット・インターナショナルは1月、ウェブサイトや会員向けアンケートで香港、マカオ、台湾、チベットを国として扱い、中国で炎上。謝罪を繰り返す事態に発展していた。(翻訳・編集/岡田)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

表記問題、今度は領事館の「香港・マカオ」がターゲットか―香港メディア

7日、米華字メディア・多維新聞によると、中国政府はこのほど香港とマカオの外国総領事館について「駐香港マカオ総領事館」と両地域の名称を併記することを禁止し、「駐香港領事館」、「駐マカオ領事館」と分けるよう通達した。写真は中国国旗と香港特別行政区区旗。

Record China
2018年8月8日 10時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング