内容に衝撃!「慰安婦漫画」が中国版ツイッターでホットワードに

配信日時:2018年8月9日(木) 20時0分
内容に衝撃!「慰安婦漫画」が中国版ツイッターでホットワードに
画像ID  1013929
9日、中国版ツイッター・微博の検索キーワードランキングで「慰安婦漫画 刺青」が一時、上位50位にランクインした。写真は韓国の慰安婦像。
2018年8月9日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索キーワードランキングで「慰安婦漫画 刺青」が一時、上位50位にランクインした。「刺青」とは、慰安婦をテーマとするこの漫画の作品名だ。

漫画を微博で紹介した「fall_ark」さんによると、作者は韓国の歴史漫画家のパク・ゴンウン氏。元慰安婦の女性の話に基づいたモノクロの漫画だという。

掲載された作品を見てみると、まず飛び込んでくるのはタイトルとともに描かれた女性の体。服は着ておらず、胸の当たりには旭日旗のような模様や縫い傷のようなものが見える。全体的に影絵を思わせるシンプルな絵で、登場人物の表情は分からない。漫画に付けられた中国語訳によると、主人公は12歳の少女。水を汲みに行った途中で日本兵に連れ去られ、性的暴行を受けたり、施設でさまざまな残酷な光景を見たりしたことなどが生々しくつづられている。「刺青は脱走を図った者に対する刑」だという説明も織り込まれ、最後の方では服を脱いだ少女の体に無数の傷が付いていることが示されている。

この漫画に中国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せており、「最後まで読むことができない」など強烈な怒りや悲しみを示す声や「日本は好きだけど、歴史問題を許すことはできない」という声、このほか南京事件に言及するネットユーザーも見られた。(翻訳・編集/野谷
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • tar***** | (2018/08/10 13:09)

    これまで何度も同じことの繰り返し 実際、騒いでいるのは当事者でない人たちだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2018/08/10 12:20)

    (追伸)1990年、イラクのクウェート侵攻に対して、翌年1月米国を中心とする多国籍軍50万人がクウェートからイラク軍を追い出し、イラクを敗北させた(第一次湾岸戦争)。イラク側の戦死者は20万人を超えると言われる一方、多国籍軍の死者は200人未満であった。開戦前、米国ではイラクを攻撃するか否かが議会で審議されたが、その公聴会で、イラク軍のクウェート侵攻時にクウェートの病院(産院?)にいたという少女(10歳位)が「イラク軍が病院に入ってきて赤ん坊を次々と銃剣で刺し殺した」と証言、その結果議会は反対1を除くほぼ全会一致でイラク攻撃を認める決議をした。後に、そのクウェートの少女は駐米クウェート大使の娘であり、イラク軍のクウェート侵攻時アメリカに居たことが判明した。少女の話はすべて嘘だった。被害者とされる人の話はそれが如何に真実味があっても簡単に信じてはいけないのだ。この作家は責任をまぬがれない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/08/09 20:05)

    >刺青は脱走を図った者に対する刑 罪人に〈入れ墨〉するのは中国の伝統だろう。日本を罵倒するつもりで、実は中国を貶(おとし)めていることに気付いていない。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事