韓国の裁判所が女性差別?女盗撮犯への判決に不満の声

配信日時:2018年8月15日(水) 18時50分
韓国の裁判所が女性差別?女盗撮犯への判決に不満の声
画像ID  1013921
14日、韓国・イーデイリーによると、韓国の裁判所は、大学の人体クロッキーの授業中に男性モデルの裸を盗撮し、ネット上に流出させた疑いで起訴された女に懲役10カ月の実刑判決を言い渡した。これに対し、女性を中心に反発の声が上がっているという。写真は韓国。
2018年8月14日、韓国・イーデイリーによると、韓国の裁判所は、大学の人体クロッキーの授業中に男性モデルの裸を盗撮し、ネット上に流出させた疑いで起訴された女に懲役10カ月の実刑判決を言い渡した。これに対し、女性を中心に反発の声が上がっているという。

裁判所は判決の理由について、「被告人は被害者に回復できない人格的な被害を与えた。また(写真流出の)波及力を考えると処罰が必要」と説明した。これに対し一部からは「被告人は初犯である上、反省文を16回提出したり、被害者に7回謝罪したりするなど反省の態度を見せている」とし、「不公平な判決だ」と指摘する声が上がっているという。

女性限定のコミュニティサイトでは、盗撮に関する被告人が男性の裁判で最近、執行猶予付きの判決が出されたことに触れ、「男女差別だ」「女性の人権を弾圧している」などと不満を示す声が相次いでいる。また「国が戦争を宣告した」とし、「性差別捜査を糾弾するデモを開催する」と宣言する声も上がっている。

大統領府の請願掲示板にも「懲役10カ月の判決が、本当に不公平・性差別的でないと言えるだろうか?」と指摘する内容が書き込まれた。掲示板は「最近、済州のホテルで女性職員のスカートの中を盗撮した男に懲役8カ月執行猶予2年の判決が下された」とし、「たった1度撮っただけなのに、これまでの多くの判決とは違い懲役10カ月の実刑判決が下されたことは、不公平な捜査と女性嫌悪の産物だ」と主張した。同請願は14日午前11時現在、7500人以上の同意を得ている。

この記事に、韓国のネットユーザーからも「彼女の裸の写真を流出させた男性には罰金刑、180人を盗撮した男性医師は裁判すら受けなかった。今回の懲役10カ月判決はおかしい」「盗撮被害者の90%が女性なのに」など、判決に疑問を示す声が寄せられている。

一方で「性別は関係なく、初犯の盗撮犯に厳罰が下されたことを喜ぶべき」「盗撮犯に実刑を宣告したことが、なぜ男女差別になる?」「むしろ処罰が甘い。犯人が男でも女でも、盗撮犯に対する処罰が強化されるべき」「ネット上に流出させた罪は重い。その女性だけが実刑判決を受けたわけではない」などと反論する声も多く上がっている。(翻訳・編集/堂本
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事