韓国経済はどこへ向かう?成長率低下の中、投資も雇用も低迷予想

配信日時:2018年10月20日(土) 7時20分
韓国経済はどこへ向かう?成長率低下の中、投資も雇用も低迷予想
画像ID  1013902
18日、韓国・ブリッジ経済によると、韓国銀行が今年と来年の成長率の見通しを2.7%に引き下げた。これは最近6年で最も低い数字であるため、韓国では今後の経済に対する懸念が高まっているという。写真はソウル。
2018年10月18日、韓国・ブリッジ経済によると、韓国銀行が今年と来年の成長率の見通しを2.7%に引き下げた。これは最近6年で最も低い数字であるため、韓国では今後の経済に対する懸念が高まっているという。

韓国銀行は同日発表した「2018~2019経済見通し」で、今年と来年の韓国経済の見通しを7月時点よりそれぞれ0.2ポイントと0.1ポイント引き下げた。韓国銀行のイ・ジュヨル総裁は同日の会見で、これまで言及してきた「堅実な成長」の代わりに「潜在成長率の水準を大きく外れない成長の勢い」との表現で評価したという。これについて、記事は「事実上韓国経済が2%台後半の長期低成長傾向に入っていることを否定しなかった」と説明している。

また、イ総裁は「輸出や消費が良好な流れをみせる」と予想しつつも投資部門の低迷を懸念したという。韓国銀行も同日の見通しで、1.2%増と予想していた設備投資の増加率をマイナス0.3%に修正した。さらに、韓国銀行が最も懸念を示したのは就業者数の増加規模。今年1月には30万人と予想していたが、4月には26万人、7月には18万人、今回は9万人にまで引き下げた。これは、世界金融危機真っ只中の2009年(8万7000人)以降最も少ない数字だという。

これについて、韓国のネットユーザーからは「朴槿恵(パク・クネ)前大統領を超える大統領はいないと思っていた」「文在寅(ムン・ジェイン)政権は1%台を達成する気がする」「1年で国をどん底に落とせるということに驚き」「大統領は北朝鮮のことばかり。国がこんな状態なのに平和を実現できるわけない」「世界の経済が超好況なのだから、小学生が大統領をしても3%は成長できるはず」「これでも最大限楽観的にみた数字。最大が2.7%なら、体感はマイナス」「お隣の日本の主要ニュースはノーベル賞受賞、雇用好況による人材難など。一方韓国は北朝鮮と経済破綻の話ばかり」など、政権批判をはじめとする悲観的な声が相次いで寄せられている。(翻訳・編集/堂本

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • こごと***** | (2018/10/20 14:41)

    国連統計の人口推移予測では、かの地域は今後20年くらい「横這い」とされている。 そんな中で2.7%もの経済成長が見込まれている恵まれた環境なのに、何を言ってるんだろうというのが正直な感想である。 日本を見ろ!日本を!!と言いたい気分である。 もし報じられている成長予測で「破綻」するような経済だとすれば、それは経済構造が根本的に間違っているという事だろう。つまり5000万人が共に豊かさを目指せるような「仕組み」ではないということだ。 1億の民が豊かに暮らすにはそれだけの「富」が必要である。当然である。 日本はその「現実の富以上の富」の幻影に踊らされて破局を迎えた。 だが外から見ている限りでは、海の向こうで起こっているのは「富の寡占」による硬直ではないのかと思えてならない。5000万総中流とまでは行かなくとも、せめて民が公平さを実感できる環境でなければ真の成長はありえない。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事