最低賃金引き上げの韓国、飲食店の変化にネットはハラハラ=「本当の地獄は…」

配信日時:2018年12月30日(日) 6時0分
最低賃金引き上げの韓国、飲食店の変化にネットはハラハラ
画像ID  1013895
27日、韓国・中央日報は「最低賃金引き上げの余波」について報じた。写真はソウルの市場。
2018年12月27日、韓国・中央日報は「最低賃金引き上げの余波」について報じた。

同紙は、今月24日のクリスマスイブのソウル市内のクラフトビール専門店「アメイジングブリューイング」を取材。看板にはパブ(Pub)とあるが早朝からオープンしており、午前9時から午後6時までスペースを借りてカフェ兼オフィスとして使用、その後午前1時まではパブとして運営するという。

セルフ注文機とサービングを導入したこの店は「外食業が来年迎える変化の一面を見せている」と記事は伝えている。韓国では来年1月から最低賃金が10.9%上がり、2017年と比べると29%引き上げられる。IT企業のものと思われていた無人化技術とアンタクトマーケティングが外食業に入ってきたのは「費用を減らさなければ営業が厳しくなっているから」だという。

アメイジングブリューイングの運営担当者、チャ・スンヒョン氏は「食材と人件費が急騰し、売り上げを増やす方法には限界がある。コスト削減による経営の効率化が生き残る道であり、サービングなど単純な業務は無人化にした」と説明。厨房はレストラン業者に任せており、チャさんは「最も得意な分野に集中しようということ」と話している。同社のキム・テギョン代表は「最低賃金が30%(2017年を基準にした2019年の最低賃金)上がり、人件費を30%減らす方法を選んだ」とし、「来年は新入りと2~3年目の月給が同じという店が増えるが、そうなると事業主は経験者を雇用するしかない。結局、現在就職を準備している大学生が一番大きな被害を受けるだろう」と話したという。

なお、今年10月にオープンしたこの店は、先月には黒字を出すなど収益を上げているという。

これを受け、韓国のネット上では「バイトを使うより1億ウォン(約1000万円)でロボットを買った方がいい。無断欠勤もないし仕事も時間通りにするし。早く4次産業を進めてほしい」「文在寅(ムン・ジェイン大統領)は韓国人みんなが貧しくなる世界をつくっているようだ」「文政権になって年俸は減るし仕事はなくなるし、景気は沈静化、自営業は倒産。早く政権交代してほしい」「つまり、文大統領のおかげで人件費が30%上がるから、職員を30%減らしたってことか。このままじゃ働き口がなくなりそう」「前に戻して!時給は上がったけど、週52時間勤務制のせいで給料は減少。それに国民年金も上がりそうでハラハラ」など、現政権の政策を非難するコメントが上位を占めている。中には「みんな来年もなんとか生き残ってください。本当の地獄への門は来年から」との声まで見られた。(翻訳・編集/松村)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事