2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

「生きているうちに日本に行きたい」=がんを患った中国人の思い―中国ネット

配信日時:2018年8月9日(木) 22時0分
「生きているうちに日本に行きたい」=がんを患った中国人の思い
画像ID  1013845
中国最大手の検索エンジン・百度の掲示板にこのほど、がんを患っていると語る男性が「生きているうちに日本に行きたい」と投稿し、多くの反応が寄せられた。写真は東京ディズニーランド。
2018年8月9日、近年多くの中国人が日本に旅行しているように、日本は中国人にとって人気の観光地となっている。このほど中国最大手の検索エンジン・百度の掲示板に、がんを患っていると語る男性が「生きているうちに日本に行きたい」と投稿し、多くの反応が寄せられた。

投稿主は32歳の男性で、4年前に直腸がんを患い直腸を摘出。2017年に再発しリンパ節への転移が確認されたが治療し、現在は病状が安定、数カ月前から仕事を再開したという。妻と8歳の息子がおり、自身は10代から日本のアニメを見て育ち、家族を連れて日本に行ってみたいとし、ビザの申請などについてユーザーに問いかけた。

これに対し、ユーザーからは「ビザは旅行会社に申請を委託した方がいい。日本の農村部がおすすめ」と回答する声や、投稿主を励ます声が多く寄せられた。

一方で、「日本の医療水準は世界で1、2位を争うほどの高さだ。日本で治療してみては?」と提案するユーザーもいたが、投稿主は「確実に治るのなら日本で治療してみるのもありだと思う。ただ、全財産をなげうっても結局数年しか生きられなかったら、結局家族に借金を残してしまうことになる。そんな冒険はしたくはない」との考えを示している。

このほか、「私も日本が好きだ。生きているうちに一度でいいから訪れてみたい」「日本にはぜひ行った方がいい。本当に過ごしやすい国だ」といった投稿も見られた。投稿主は日本のグルメや、大阪のUSJ、東京ディズニーランドなどに行ってみたいと語っており、今年後半の訪日を計画している。(翻訳・編集/内山
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事