Record China

ヘッドライン:

空港の金属探知機に何度も引っかかる韓国女性、体内を調べてみたら…―韓国メディア

配信日時:2018年8月10日(金) 1時30分
拡大
2018年8月8日、環球網は、韓国の空港で保安検査を受けて警報が鳴った女性の腹に、手術用の鉗子が埋まっていることがわかったとする韓国メディアの報道を伝えた。

記事は韓国SBSテレビの8日付報道を引用。旅行者を経営する47歳の女性朴(パク)さんが、空港で保安検査を受けたところ、金属探知機が作動した。係員の指示を受けてX線を撮影してみると、腹部に信じられない物が写っていた。

「自分のお腹に医療器具があるのを知ってますか」と質問された朴さんは冗談だと思ったが、見せられたモニターで、自身の腹部にハサミのような形をした金属製の医療機器が存在するのを確認したという。

朴さんは昨年12月に京畿道水原市にある病院で腹部の脂肪除去手術を受けていた。医療スタッフが手術の際に長さ10センチ程度の鉗子を朴さんの腹に入れたまま患部を縫合したものとみられる。

朴さんによると、手術後に腹部がチクチクと痛み続け、病院にその旨を伝えたものの何の措置も取ってもらえなかったという。鉗子が写ったX線写真を見せてようやく鉗子を取り出す処置を施したとのことだ。記事は「手術後には必ず手術用具を数えることになっているが、この医療スタッフは最も基本的なプロセスを遵守しなかった」と伝えた。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

保安検査のX線画像にとんでもないものが映る―中国

7日、参考消息網は、中国安徽省六安市金寨駅で、X線荷物検査装置にとんでもない画像が映ったと伝えている。真っ裸の男が四つん這いになっている。しかも体はなんだか緑がかっていて、正常な人間とは思えない。まるで印象派の絵画のようだ。

Record China
2017年4月10日 1時20分
続きを読む

韓国の空港で「全身スキャナー」のセキュリティーチェック、プライバシーの侵害と批判も―韓国メディア

18日、韓国・亜洲経済によると、韓国の仁川国際空港で来年1月から、乗客に対する「全身スキャナー」によるセキュリティーチェックが導入される計画で、「プライバシーの侵害ではないか」と批判の声が上がっている。写真は仁川国際空港。

Record China
2017年9月19日 9時44分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング