大韓航空が女性乗務員への盗撮を黙認?韓国で不満続出

配信日時:2018年8月14日(火) 7時20分
大韓航空が女性乗務員への盗撮を黙認?韓国で不満続出
画像ID  1013638
13日、韓国・ソウル新聞によると、大韓航空の機内で、女性乗務員の下半身をスマートフォンのカメラで盗撮した乗客の男性が摘発された。写真は大韓航空機。
2018年8月13日、韓国・ソウル新聞によると、大韓航空の機内で、女性乗務員の下半身をスマートフォンのカメラで盗撮した乗客の男性が摘発された。

大韓航空は12日、韓国・仁川からマレーシアに向かうKE671便に搭乗した40代の韓国人男性が、女性乗務員の下半身を撮影しているところを摘発され、警察に引き渡されたと発表した。同男性のスマートフォンからは、100枚以上の写真と動画が見つかった。

犯行は、同男性が機内で撮影した動画を見ているところを他の乗務員が目撃したことで発覚した。同社関係者にスマートフォンの提供を求められた男性は、証拠隠滅のためスマートフォンを壊そうとしたという。

これに関し、同社の匿名掲示板サイトには「同乗客は以前に何度も盗撮したことがあるが、マイレージ上級会員との理由で航空会社から制止されなかった」との書き込みも登場した。同社職員らは「会社が乗務員の安全より会社の利益を優先した結果」と強い不満を示しているという。

これに対し、同社は「(摘発された)乗客は確かに上級会員だが、盗撮を繰り返していたとの事実は確認されていない」とし、同男性を「搭乗拒否リスト」に載せる案を検討していることを明らかにした。

これに、韓国のネットユーザーからは「知らないふりをしていたの?」「大韓航空にとって、乗務員は“消耗品”。上級会員の方が大事なのだろう」「たとえ性犯罪者でも、お金を使ってくれる顧客は失いたくなかったの?」「当然、搭乗拒否リストに載せ、告発もすべき。それなのに検討中って…」「次はアシアナに乗って乗務員を盗撮するのでは?もう二度と飛行機に乗れないようにして」など、同社の対応に疑問を示す声が上がっている。

また、「そもそも、女性乗務員にスカートを履かせる会社の方針がおかしい」「女性乗務員の制服を動きやすいズボンに変えるべき。際どい場面が多く、女性でも目が行ってしまう」など乗務員の制服デザインを問題視する声や、「乗務員の代わりに飲み物の自動販売機を設置すればいい。保安要員には特殊戦司令部所属の軍人を採用して」と提案する声も上がった。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事