大韓航空機、中国のアイドルファンの迷惑行為で360人が保安検査やり直し!=韓国ネットから非難続出

配信日時:2018年12月17日(月) 16時0分
大韓航空機、中国のアイドルファンの迷惑行為で360人が保安検査やり直し!
画像ID  1013637
17日、韓国・朝鮮日報は、香港から韓国へ向かう飛行機の出発が、アイドルの過激なファン3人により1時間遅れたと報じた。写真は大韓航空の広告。
2018年12月17日、韓国・朝鮮日報は、香港から韓国へ向かう飛行機の出発が、アイドルの過激なファン3人により1時間遅れたと報じた。乗客約360人が再度保安検査を受ける事態になったという。

記事によると、15日午後3時25分に香港国際空港から韓国・仁川空港へ出発予定だった大韓航空の機内で、中国人2人と香港人1人が客室乗務員に理由を伝えず「降りる」と言った。

この3人は韓国の男性アイドルグループ・ワナワンの熱狂的なファンで、香港での日程を終え韓国に帰るワナワンを近くで見るために同じ便のファースト、ビジネス、エコノミー席を1席ずつ予約。「アイドルを間近で見る」という目的を果たした後、返金を要求し、無理を通し降りたという。

香港現地の航空規定によると、飛行機の離陸前にすでに搭乗していた乗客が1人でも降りた場合、他の乗客も全員降りて再度保安検査を受けなければならない。テロ目的で航空機に爆発物などを置いて降りる可能性があるため。この規定により、当該飛行機の乗客約360人が再度保安検査を受け、1時間遅れて出発する事態となった。大韓航空側は「ファン3人に、できれば降りないでほしいと伝えたが聞き入れられなかった」と説明したという。

今回の騒動のように、海外の空港で過激なファンがアイドルを見るために韓国の航空会社のチケットを購入し、返金を要求することはたびたび起きている。座席のクラスが高いほど払戻手数料が少ない点を悪用し、ファーストクラスの航空券を購入するケースが多いという。仁川空港では、アイドルを見るために航空券を予約したファンが搭乗口まで付いていくことも少なくなく、保安区域内で声を張り上げ走り回り、他の利用客に迷惑となることも多いという。本来必要としている人が航空券を購入できないという事態も起きているそうだ。

仁川空港公社の関係者は「一部の過激なファンの行動が問題であることは把握しているが、それを止める方法が無い」と話したという。

これを受け韓国のネット上では「二度と飛行機に乗れないようにしてほしい」「ブラックリストを作って航空券の販売を拒否せよ」「損害賠償請求するべきだと思う」といった批判の声や、「全ての航空券の搭乗後の払戻しを無くしたほうがいい」「規定も変えて処罰できるようにした方がいい」といった提言が寄せられている。(翻訳・編集/仲野)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事