韓国学者「古朝鮮文明は黄河文明より先」、中国ネット「また始まった!」

配信日時:2018年8月9日(木) 7時50分
韓国学者「古朝鮮文明は黄河文明より先」、中国人「また始まった!」
画像ID  1013633
8日、中国メディア・環球網によると、ソウル大学のシン・ヨンハ名誉教授は「古朝鮮文明は黄河文明よりも早かった」と主張している。写真はソウル大学。
2018年8月8日、中国メディア・環球網によると、ソウル大学のシン・ヨンハ名誉教授はこのほど、2010年出版の「古朝鮮国家形成の社会史」、2017年出版の「韓国民族起源と形成研究」に続く3部作最後の書籍「古朝鮮文明の社会史」を出版。この中でシン教授は「古朝鮮文明は黄河文明よりも早かった」と主張している。

シン教授の研究では、「古朝鮮文明の起源を紀元前30世紀ごろの大同江流域と遼東地域」としている。「氷河期が終わった後の1万2000年前、北緯40度以下の古朝鮮半島に世界で最も早く農耕文化が出現。新石器時代の農業革命により人口が増え、一部の人々は北方に移住した。遼河以東に達した人々が穢(ワイ)族となり、遼河以西に達した人々が貊(ハク)族となった。5000年前に異常気象が続いたことで遼西地域の貊族が東南へ移住。大同江流域で韓族と結合し、青銅器文化を基礎とする古朝鮮が成立した。そして、1000年後に首都を遼東へと移し、穢族を吸収。東西に領土を拡大し、朝鮮半島、満州、沿海を覆う古代連邦国家を成立させた」としている。

そして、「古朝鮮人たちが馬を飼いならしたことで騎馬文化が発展。太陽と檀君を崇拝していた。韓、穢、貊の各部族の言語が統合され、古朝鮮語ができた。これはウラル・アルタイ語族の中で最も歴史が長い言語」などとして、「東方文明の起こりは3700年前の黄河文明ではなく古朝鮮文明とすべき」「古朝鮮文明はメソポタミア文明(5500年前)、エジプト文明(5100年前)に次ぐ第3の古代文明」などと主張している。

これに対し、中国のネットユーザーからは「何を言ってるんだ!」「本当に恥知らずだ」「古代韓国は中国のものだろうに」など、頭ごなしに否定する声が寄せられた。

また、「今日エイプリルフールだっけ?」「屈原も韓国人だって言ってたよね」「また始まった!人類の起源は朝鮮半島でいいよ」「大韓民国は全宇宙の起源だもんね!すごいね!」「小さな半島に巨大なパワーがあることに震撼しています(笑)」などと皮肉るコメントも多い。あるユーザーは「僕が日本を尊敬する理由は、他国のものを持ってきて『自分たちが先に発明したんだ』と言わないところ」とコメントした。

一方で、わずかではあるものの「言っていることは一応筋は通っている」「この世に絶対ということはない」という意見も見られた。(翻訳・編集/北田
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事