Record China

ヘッドライン:

米国の名俳優が韓国の犬食文化を批判=韓国ネット反論「他国の文化に口出しすること自体…」

配信日時:2020年7月25日(土) 19時10分
拡大
22日、韓国・京郷新聞は、米国の俳優で映画監督のクリント・イーストウッド氏が韓国の犬食文化を批判したことについて報じた。写真は韓国の犬肉売場。

2020年7月22日、韓国・京郷新聞は、米国の俳優で映画監督のクリント・イーストウッド氏が韓国の犬食文化を批判したことについて報じた。

記事によると、クリント氏はこの日、ソウルの世宗(セジョン)文化会館前で「犬の屠殺(とさつ)禁止公開書簡」を発表した複数の動物保護団体に対し、「これまで多くのものが進歩し、進化し、変化していくのを見てきた。今こそ韓国は犬の売買を終わりにし、一歩前進する時だ」という内容のメッセージを送ったことが分かった。

団体などは、犬を「家畜から除外すること」「食用目的の犬の屠殺や取引を禁止させること」を要求する書簡を「ソルアク」「サジ」という2匹の犬の名前で作成し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領宛てに送ったという。この2匹の犬は、犬の屠殺場と犬農場で屠殺の危機にさらされていたところを救出された。

今回の書簡には、クリント氏以外に米俳優のアレック・ボールドウィン氏や米女優のキム・ベイシンガー氏、韓国の俳優陣も署名して支持の意思を明らかにしており、このほかにも専門家や国会議員らも支持を表明したという。

これを受け、韓国のネット上では「(韓国でも)食べる人は一部だけ。90%は食べない」「犬を食べないことが一歩前に進む?それなら豚はなんで食べるの?」「自分は食べないけど、『食べるな』と強要するのはどうかな」など反論コメントが続々と寄せられ、中には「他国の文化にむやみに口出しすること自体、他国を見下している人種差別」と厳しい指摘も出ている。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング