Record China

ヘッドライン:

中国で大人気の「熊本熊」って何?熊本県が頭悩ます―中国メディア

配信日時:2018年8月8日(水) 22時20分
拡大
2018年8月8日、中国メディアの環球網は、熊本県PRマスコットキャラクターの「くまモン」について、「『熊本熊』の公式の名前は『酷MA萌』だった」と伝えた。

環球網は8日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)への投稿で、中国で「熊本熊」の名前で広く知られているくまモンについて「熊本県は『酷MA萌』として(中国などで)商標登録していた」とし、「だが最近、熊本県は悩んでいる。中国では『熊本熊』の名前が一般的で、『熊本熊』関連の商標がいくつも登録されている。今後、関連商品をどう販売するか、ブランドをどうアピールしていくか、焦っている」などと伝えた。

この投稿のコメント欄では「中国市場というこの『大きなケーキ』にありつけず、焦ってるようだな」という反応が多くの共感を集めていた。

また、「(酷MA萌と呼ぶのは)お断りします」「熊本熊にもう慣れちゃったから」「酷なになにという名前はパクリものっぽい」などの声も上がっていた。

くまモンそのものについては「大好き」「かわいい」「うちにも一つある」「友人へのプレゼントはいつも熊本熊」「見てるだけで10分間幸せになれる」などの声が寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

くまモンは年間1000億円稼ぐのに、ソウルのキャラは…=韓国ネット「なぜ比べるの?」「キャラクターの市場規模が違うだけ」

11日、韓国・中央日報は昨年1年間の関連グッズ売り上げが1000億円を突破した熊本県のPRキャラクター「くまモン」に対し、ソウル市のキャラクター「ヘチ」の“年商”は20万ウォンに満たないと報じた。写真はソウルにあるヘチの像。

Record china
2016年3月11日 12時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング