日本は東南アジアで「信頼できる中堅国」、さらに大きな役割に期待―香港紙

配信日時:2018年8月9日(木) 5時50分
日本は東南アジアで「信頼できる中堅国」、さらに大きな役割に期待
画像ID  1013423
8日、香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストはこのほど、「日本は東南アジア地域で信頼できるミドルパワー(中堅国)と位置付けられており、より大きな役割を果たすことが期待されている」と報じた。資料写真。
2018年8月8日、米華字メディアの多維新聞によると、香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストはこのほど、「日本は東南アジア地域で信頼できるミドルパワー(中堅国)と位置付けられており、より大きな役割を果たすことが期待されている」と報じた。以下はその概要。

東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国の外交トップが先頃、シンガポールで顔を合わせる中、マレーシアのマハティール首相のASEAN復帰は、この地域でより信頼できるパートナーとしての日本の存在を浮かび上がらせている。

マハティール氏は日本と密な関係を保ち、日本をマレーシアが経済的成功を遂げるためのインスピレーションの源とみなしている。米国は、この地域のインフラ、技術、エネルギー開発を促進するための資金計画を発表する予定だが、日本は信頼できるミドルパワーと位置付けられており、より大きな役割を果たすことが期待されている。

BMIリサーチのデータによると、日本は2000年以降、東南アジア諸国のインフラ整備に2300億ドル(約25兆6000億円)を投資している。これは中国より約750億ドルも多い。

フィリピンでは、日本はドゥテルテ大統領の「ビルド・ビルド・ビルド」と呼ばれる大規模なインフラ整備計画の支持者であり、フィリピン人からは米国と同レベルに好まれている。日本はまた、フィリピンに積極的に海自の艦船を派遣しており、今年の米比共同演習バリカタンにも、オーストラリアとともにオブザーバー参加している。

一方で、アナリストからは「日本は戦略的自信が欠如しており、独立した力として行動する能力が欠けている」との指摘もある。

インドネシア政府は最近、日本政府との間で同国周縁部の六つの離島における海洋協力を強化することで合意しているが、さらに日本に対し、資源の豊富なナトゥナ諸島にリゾートを開発するアイデアも伝えている。

しかし、この議論に精通している関係者によると、日本側は商業的に実行可能ではないプロジェクトへの投資に消極的だという。

マラヤ大学中国研究所のNgeow Chow Bing副所長は「マレーシアの戦略コミュニティーの間では、日本は大胆ではなく、より慎重な姿勢で行動していると見られている。米国との同盟関係は日本にチャンスを与えている。だが同時にそれによる制約も受けている」と述べている。(翻訳・編集/柳川)
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Tom***** | (2018/08/17 01:03)

    ついに香港の新聞までもが日本を「中堅国 Middle Power」扱いし出したか。朝鮮日報でも日本をミドルパワーと呼んでいたが、まさか米中以外に大国はないとでも言いたいのか? 自由主義国ではアメリカに次ぐ経済大国に対してあまりに無礼ではないか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 三笠***** | (2018/08/16 09:12)

    信頼こそが力という構図に持って行けたらいいな
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2018/08/15 15:12)

    1970年代、田中首相の東南アジア歴訪の際、各地で反日デモが発生したのとは隔世の感がある。朝日新聞は欣喜雀躍して日本がアジアで如何に嫌われているかを現地の声として報道した。しかし、その声の人の名前から全てそれは華僑と思われる人々だった。終戦から30年余りこともあり、当時華僑の反日感情はなお強かった。言われているほどの反日感情は実際はなかったと思われる。そうでなければマハティールの「ルックイースト」政策はあり得なかったはずだ。今日、華僑でさえ、中国の進出を快く思っていないのだろう。その反射として日本に対する期待が強いのだと思う。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事