Record China

ヘッドライン:

インド、日米豪の「インド太平洋投資」と距離保つ、中国に配慮―海外メディア

配信日時:2018年8月8日(水) 10時50分
拡大
8日、インド政府は、中国政府の反発を避けるため、米国、日本、オーストラリアの3カ国が先週打ち出したインド太平洋地域へのインフラ投資計画に対し、距離を保っていると報じられている。資料写真。

2018年8月8日、中国紙・参考消息(電子版)によると、中東と北アフリカの経済ニュースを主に扱うMENAFN.comは6日、「インド政府は、中国政府の反発を避けるため、米国、日本、オーストラリアの3カ国が先週打ち出したインド太平洋地域へのインフラ投資計画に対し、距離を保っている」と報じた。

米日豪の3カ国は先頃、シルクロード経済圏構想「一帯一路」を通じてインド太平洋地域での影響力を強める中国を念頭に、同地域のインフラプロジェクトへの投資で連携することで合意した。

これに対し、インド英字紙デカン・ヘラルドは消息筋の話として「インド政府は、自国の戦略が過度に『反中』と受け取られないよう努力している」と報じた。

同紙は「インドは昨年11月、米日豪と安全保障協力などを目的として4カ国協議を再始動した。これは中国に対抗するための防塁建設との見方が出ていた」とした一方で、「インド政府は中国との関係修復に力を入れている」と指摘。インドのモディ首相が6月のアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)で、「インドは戦略として、または限られたメンバーのクラブとしてインド太平洋地域を見ていない」と発言したことを伝えた。

その上で「インドは、中国の懸念を解消することを望んでいる。インド太平洋問題についての立場はこれまでもそしてこれからも開放的であり、いかなる国に対しても敵対的ではないと強調している」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日米豪がインド太平洋でインフラ整備、中国に対抗=中国報道官「口だけでなく行動を」

31日、中国外交部の耿爽報道官は、日米豪3カ国が、「一帯一路」を通じてインド太平洋地域での影響力を強める中国を念頭に、同地域のインフラプロジェクトへの投資で連携することで合意したとする報道について、口だけでなく行動するよう求めた。

Record China
2018年8月1日 9時50分
続きを読む

ランキング