公開から13年ぶり、映画「頭文字D」続編を製作へ、ジェイ・チョウら再集結なるか?―中国

配信日時:2018年8月8日(水) 18時40分
公開から13年ぶり、映画「頭文字D」続編を製作へ―中国
画像ID  1013258
7日、ジェイ・チョウら当時の中華圏の若手スターを集めた映画「頭文字D」に、13年ぶりの続編となる最新作が誕生する見込みだ。
2018年8月7日、ジェイ・チョウ(周杰倫)ら当時の中華圏の若手スターを集めた映画「頭文字D」に、13年ぶりの続編となる最新作が誕生する見込みだ。時光網が伝えた。

その他の写真

日本の人気漫画を実写化した05年公開の映画「頭文字D THE MOVIE」では、台湾の人気アーティストのジェイ・チョウをはじめ、香港の俳優ショーン・ユー(余文楽)やエディソン・チャン(陳冠希)といった当時の若手スターが集結。ジェイ・チョウはこの映画で、香港電影金像奨の最優秀新人賞を獲得し、その後の俳優および監督業のベースを作った作品となっている。

製作した香港の寰亜電影公司(メディア・アジア・グループ)は、近年は興行が振るわず、昨年は2億香港ドル(約28億円)の損失を出している。そんな中、改革の起爆剤の一つとして「頭文字D THE MOVIE」続編の製作を明らかに。香港メディアでは、前作に続いてアンドリュー・ラウ(劉偉強)監督がメガホンを執ると報じられている。

キャスティングについては明らかになっていないが、当時のオリジナルメンバーが勢ぞろいするのは困難と見られている。なお、昨年11月にはショーン・ユーがSNSを通じて、ジェイ・チョウおよびアンドリュー・ラウ監督とのスリーショットを公開。今年3月にはジェイ・チョウが、映画の主人公が乗っているAE86(トヨタ・スプリンタートレノ)でショーン・ユーと食事に出掛けたことが報じられ、続編製作に向けて動いているのではないかと見られていた。(翻訳・編集/Mathilda
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事