日本のホテルで働く中国人、チェックアウト後の客室の惨状を見て驚く―華字紙

配信日時:2018年8月11日(土) 12時20分
日本のホテルで働く中国人、チェックアウト後の客室の惨状を見て驚く
画像ID  1013154
日本のホテルで働く中国人が宿泊客のチェックアウトした部屋をチェックしに行ったところ、あまりの惨状に驚いたという。資料写真。
2018年8月7日、華字紙・中文導報は、日本のホテルで働く中国人による「宿泊客のチェックアウトした部屋をチェックしに行ったところ、あまりの惨状に驚いた」という手記を掲載した。以下はその概要。

泊まっていたのは韓国人だったらしいが、部屋の中はめちゃくちゃだった。ピーナツの殻はごみ箱に捨てられておらず、床のカーペットにそのまま散乱していた。まるで中国人がヒマワリの種を食べた後のようだった。洗面まわりはさらにひどく、さながら戦場のようなありさまで、眉をひそめ、嫌悪感を抱いてしまうほどだった。

しばらくすると、上司が様子を見にやって来た。泊まっていたのは韓国人だろうかと聞くと、ポケットから宿泊客の名刺を取りだして見せてくれた。ハングル文字で書いてあったが、読めはしない。上司も「自分も読めない」と笑って去っていった。(翻訳・編集/岡田)
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事