2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

出火事故続出のBMWコリア、修理費を所有者に請求も=韓国ネット怒り

配信日時:2018年8月8日(水) 7時20分
出火事故続出のBMWコリアの対応に韓国人怒り=「裏ではきっと…」
画像ID  1013103
韓国でBMWの出火が相次ぎ、リコールが実施されている問題と関連し、BMWコリアの一部の整備センターが、出火原因となった装置の欠陥をリコール届け出前から認識していながら、修理費を車両の所有者に請求していたことが分かった。資料写真。
韓国でBMWの出火が相次ぎ、リコール(回収・無償修理)が実施されている問題と関連し、BMWコリアの一部の整備センターが、出火原因となった装置の欠陥をリコール届け出前から認識していながら、修理費を車両の所有者に請求していたことが分かった。

6日、韓国・中央日報が報じたところによると、BMW7シリーズ(730Ld)を所有するユンさんは、7月7日に全羅北道(チョルラプクト)益山(イクサン)駅付近を走行中、何かが焦げる臭いに気付いた。調べてみると排気管から煙が上がっており、ボンネットを開けると車両は白煙に包まれた。

同月9日、この車両をBMW整備センターに持ち込むと、出火の原因は排気ガス再循環装(EGR)の一部(バルブ、クーラー)の欠陥だと判明した。高温の排気ガスが吸気多岐管など3カ所に穴を開け、発火したという。

BMWコリアは後に車両火災の原因について、EGRの欠陥だと発表している。しかし当時、整備センターはEGRの問題を認めながらも、ユンさんに対し修理は有償だと告げた。

これを受け、ユンさんはBMW3シリーズ(BMW320d)と5シリーズ(BMW530d)も同じ原因で出火し、無償で修理を受けていたという証拠を自ら収集。オンライン苦情受付窓口「国民申聞鼓」や自動車リコールセンターなどに申告したところ、BMWコリアは修理費全額(230万ウォン=約23万円)を無償とした。

ユンさんは「7月26日に発表されたリコール対象車種に730Ldが入っているのを見て衝撃を受けた。少しでも車を運転すると、焦げ臭いような気がして、何度もボンネットを開けるようになってしまった」と話しているという。

この記事に対し、韓国のネットユーザーからは「経営陣は『ほとぼりが冷めたらまた乗るようになるはず』と思っているだろうな。韓国はいいカモだから」「国際的なカモから脱却しよう!不買運動をすべき」「表では顧客と呼び、裏ではカモと呼んでいる」などという怒りの声や、「国民のために仕事をしない国土交通部の方が問題だ」「韓国の自動車規制や法規は企業に有利にできている。問題あるメーカーに適切な対応ができる法規がない」など韓国政府の問題を指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/麻江)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事