大手メーカー製の粉ミルクから強い発がん性のカビ毒「アフラトキシンM1」―湖南省

Record China    2012年7月24日(火) 7時32分

拡大

23日、中国湖南省の大手乳業メーカー・湖南亜華乳業などが生産した「南山倍慧」ブランドの赤ちゃん用粉ミルクから、強い発がん性を持つカビ毒「アフラトキシンM1」が検出された。写真は湖南省長沙市内にあるスーパーの粉ミルクコーナー。

(1 / 3 枚)

2012年7月23日、中国湖南省の大手乳業メーカー・湖南亜華乳業などが生産した「南山倍慧」ブランドの赤ちゃん用粉ミルクから、強い発がん性を持つカビ毒「アフラトキシンM1」が検出された。第一財経日報が伝えた。

その他の写真

広東省広州市の工商行政管理局が、市場に出回っている乳製品を対象に実施した第2四半期第2回目の調査結果で明らかになった。それによると、5ロット(製品単位)分の「南山倍慧」からアフラトキシンM1を検出。うち4ロットは湖南長沙亜華乳業有限公司が、1ロットは湖南亜華乳業控股有限公司が製造したものだった。

湖南亜華乳業控股有限公司は、「現在、事実関係を確認中。23日から商品の全面回収を実施する」としている。同社は中国政府系の複合企業、中信集団(CITIC)の子会社、シティック・キャピタル・ホールディングス(中信資本)が100%株式を保有。

中国では昨年末にも、大手乳業メーカー「蒙牛乳業」(内モンゴル自治区)の四川工場で製造された紙パックの牛乳からアフラトキシンM1が検出されたばかり。(翻訳・編集/NN)

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携