マクドナルド、1年で中国に300店新規オープン―中国メディア

配信日時:2018年8月7日(火) 14時10分
マクドナルド、1年で中国に300店新規オープン
画像ID  614890
1年前に中国中信グループと米投資ファンドのカーライルグループがマクドナルドの中国事業部門を買収して以来、マック中国は5年で新たに2000店舗をオープンするとの目標を確定し、ここ1年間ですでに約300店舗をオープンさせた。写真はマクドナルド。
マクドナルドはビッグマックの生誕50周年を記念して、このほど記念コイン「マックコイン」の配布をスタートした。ビッグマックに交換することもできるし、コレクションにもなる。1年前に中国中信グループと米投資ファンドのカーライルグループがマクドナルドの中国事業部門を買収して以来、マック中国は5年で新たに2000店舗をオープンするとの目標を確定し、ここ1年間ですでに約300店舗をオープンさせた。北京日報が伝えた。

マックコインは世界初の食物を信用の基盤とした独自通貨だ。通貨としての価値はないが、世界の50を超える国・地域のマクドナルドでビッグマックと交換できる。

ビッグマックの生みの親はマクドナルドのフランチャイズオーナーだったジム・デリガッティ氏(故人)で、生誕から50年間、世界のマック約3万7000店舗で長らく人気メニューであり続けている。地域別にみると、中国では北京がビッグマックの売り上げナンバーワン都市で、中国本土の消費量の約5分の1を担い、2位の上海に倍近い差をつけている。(提供/人民網日本語版・編集/KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事