韓国議員が大恥!「通りすがりの豚も笑う」と批判したサムギョプサル政策、実は…

配信日時:2018年9月13日(木) 22時20分
韓国議員が大恥!「通りすがりの豚も笑う」と批判した政策、実は…
画像ID  1012690
12日、韓国・世界日報によると、韓国野党「自由韓国党」のペ・ヒョンジン報道官が「豚も懸念する」と批判した文在寅政府のいわゆる「サムギョプサル」政策は、実は6年前に同党が考案したものであったことが分かった。写真は韓国大統領府。
2018年9月12日、韓国・世界日報によると、韓国野党「自由韓国党」のペ・ヒョンジン報道官が「豚も懸念する」と批判した文在寅(ムン・ジェイン)政府のいわゆる「サムギョプサル」政策は、実は6年前に同党(当時はセヌリ党)が考案したものであったことが分かった。

ペ報道官は10日、「文在寅政府の脱原発政策、豚も懸念する」と題する論評を発表し、文政府の脱原発政策を皮肉交じりに批判した。韓国の産業通商資源部が発表した「石油および石油代替燃料の事業法施行規則改定案」には、サムギョプサルの油など捨てる油でつくったバイオ重油を石油代替燃料として認めるとの内容が含まれている。これについて、ペ報道官は論評で「原発を諦めた政府がついにはサムギョプサルを焼いて発電に使おうと言いだした。通りすがりの豚も笑うだろう」と述べた。また、「バイオ重油を利用した発電は、昨年の再生可能エネルギー総発電量のたった4.4%の水準」とし、改めて脱原発政策の中止を求めた。

これに対し、韓国石油管理院石油技術研究所のファン・インハチーム長は11日に出演したラジオ番組で「豚の油は原料の1つになるだけで、豚の油だけにフォーカスを当てて広報したとするのは話が飛躍している」と述べた。また、「捨てる油を使用するというのは表現に過ぎず、現時点でサムギョプサルの油の回収などは行われていない」とし、「システムが向上した未来ではそうなる可能性があるという話だ」と説明した。

さらに、「廃油の回収など再生エネルギーの活用案は、2012年にイ・ガンフ議員(セヌリ党)が出したアイデア」とし、「(ペ報道官は)過去の話や流れを把握せずに批判論評を出したようだ」と主張した。

これを見た韓国のネットユーザーからは、ペ報道官に対し「ちょっとは勉強しようよ」「自分で自分の首を絞めている(笑)」「どんな内容でも、とりあえず批判するんだね。自由韓国党がなければ、韓国はすでに先進国トップ10に入っていただろう」「最近の自由韓国党は、笑いで支持率を上げようとしているとしか思えない」など、ため息交じりの声が数多く寄せられている。(翻訳・編集/堂本
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 心配性***** | (2018/09/23 20:52)

    日本にも?主党なんていう同じような政党がありましたね。 自民党を責める度にブーメランを浴びてますよね。我が身を抓って他人の痛さを知れっていう言葉はこういう人たちの為にあるんですが、分からないでしょうね。可哀そうな人たちです。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ali***** | (2018/09/14 13:18)

    >過去の話や流れを把握せずに批判論評を出したようだ 人の話や歴史を調べもせず、自分勝手な主張をするのは韓国人の得意技でしょ、竹島然り、慰安婦問題然り。 >自由韓国党がなければ、韓国はすでに先進国トップ10に入っていた んな訳無いじゃん。違う奴が愚かなことを言い出すだけだよ だって韓国人だもん。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/09/14 06:44)

    >廃油の回収など再生エネルギーの活用案は、2012年にイ・ガンフ議員(セヌリ党)が出したアイデア そのとき〈脱原発〉をして代替燃料にすると言ったのか。再生エネルギーの利用と脱原発はまるで次元の違う話である。日本でもバイオ燃料で走る自動車が考案されているので、まったくの〈荒唐無稽〉とは言い難いが、原発の代替燃料にはならないはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事