日本の大学で講義、私は日本人の意外な一面に驚いた―中国コラム

配信日時:2018年8月6日(月) 22時20分
日本の大学で講義、私は日本人の意外な一面に驚いた―中国コラム
画像ID  1012662
2日、中国版ツイッター・新浪微博に「日本の学生はなぜ内気なのか」と題したコラムが掲載された。資料写真。
2018年8月2日、中国版ツイッター・新浪微博に「日本の学生はなぜ内気なのか」と題したコラムが掲載された。以下はその概要。

先日、私は長崎県の大学構内で開かれた、英語論文の創作に関する講義に参加した。教室には外国人もいたが、多くは日本の学生だった。講師は欧米人の女性で、欧米人は講義中の交流を重視するため、この講義でも講師は受講者に何度も反応を求めたが、始終静まり返っていた。唯一反応し質問したのが私だった。

東洋人は自分の考えを表現し交流することは得意ではない。だが、同じ東洋人の中国人でも講義中に講師から質問が出れば必ず何人かは反応する。講師の問いに全く反応しない日本の学生に私は非常に驚いた。講義後、一緒に参加していた中国人留学生に思わず「日本の学生は内気なのか?」と聞いてみた。すると、「日本の学生は確かにみんな内気。特に男子は『出しゃばりな人間は嫌われる』と考えている傾向がある」との答えが返ってきた。

私は日本に対して、「日本人はアジア、とりわけ東アジアにおいていち早く西洋人に学び、技術や工業レベル、国際化の程度は常に中国を上回っている」という印象を持っていたため、日本の学生らの反応は意外だった。

米国のスポーツなどで対戦相手が互いを挑発し合う場面がたびたび見られるが、これは自信の表れともとることができる。ライバルより優れているのならそれを表に出し証明して見せる必要があるのだ。学問においても同じだと考えるが、東アジアにおいては、自分の良さを表現するというよりは謙虚さが良しとされる傾向がある。本来なら良い研究や品質の高い論文が評価されるべきだが、見えないところで関係者を買収し、大した研究もしていないのに評価を得るケースもある。東洋の寛容で謙虚な姿勢を重視する文化が、こうしたケースを招く原因ともなっている。

当然、日本の学生の内気は、東洋文化のほかに日本特有の文化に影響されている。日本と中国の違いで言うと、日本は中国ほど浮ついていないということだろう。日本の学生の方が落ち着いているのは、日本の学術界の自由な環境が影響しているのかもしれない。中国ほど浮ついていないため、彼らは純粋に自然と研究に没頭できるのだろう。(翻訳・編集/内山
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2018/08/08 13:49)

    日本人学生が授業手を挙げないのは、内気というより、勉強不足からくる自信のなさと(欧米の学生は勉強不足でもそのことは棚に上げて――分からないことを自分の勉強不足のせいにせず安易に教員の教え方の悪さのせいにする――極めて初歩的な質問を平気でする。はっきり言ってそれぐらいのこと自分で勉強して来いと言いたくなる。他の学生の貴重な時間を奪うべきではないからだ)、その裏腹の自尊心(=プライド。特に若い時にありがちな自意識過剰――人前で恥をかきたくない)の為であると思う。自分で本当に勉強しているとの自信があれば、教員の言ったことが腑に落ちなければ日本人でも質問するはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事