2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

桃田賢斗は人格者!優勝後のコメントに中国ネット感心

配信日時:2018年8月6日(月) 16時20分
桃田賢斗は人格者!優勝後のコメントに中国ネット感心
画像ID  1012551
バドミントンの世界選手権で日本男子初の優勝を成し遂げた桃田賢斗に、中国のネットユーザーの注目が集まっている。
バドミントンの世界選手権で日本男子初の優勝を成し遂げた桃田賢斗(23)に、中国のネットユーザーの注目が集まっている。

中国・南京で5日に行われた、バドミントンの世界選手権男子シングルス決勝で、日本の桃田賢斗(23)が中国の石宇奇(シー・ユーチー、22)を2‐0(21‐11、21‐13)のストレートで破り優勝した。

新浪体育によると、桃田は試合後、「あまり自分にプレッシャーをかけすぎないようにして、自分のベストを尽くすことだけを考えた。今後の目標は、李宋偉(リー・ゾンウェイ)選手や林丹(リン・ダン)選手のように長くプレーし続け、応援してくれる方にレベルが高くて面白い試合を見せたい」と語ったという。

これに対し、中国のネットユーザーからは、「言葉に(周囲への)リスペクトがある。人格は素晴らしいようだ」「礼儀正しく、謙虚で控えめな選手だね」など、その人柄に対する称賛の声が多く寄せられている。

また、「プレーが恐ろしく安定している」「残念ながら、今のあなたにはライバルらしいライバルが見当たらない」「無敵とは孤独なものだ」と桃田の圧倒的な実力に言及するユーザーも少なくなかった。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 774***** | (2018/08/07 10:40)

    練習のときに右の腹筋を痛めスマッシュが出来ない状態で試合に臨んだ。石選手の強烈なスマッシュを拾っては弱く打ってコースを狙い疲れさせる作戦。強いスマッシュが僅か3回だけ。石選手は拾いまくられ走らされて打つところが無くなってミス。圧倒的な力の差を見せつけた。 加油!の応援がほとんどなく、桃田選手の絶妙な返しにどよめく中国の観客は試合を楽しんでいた。バトミントンが好きな人が多く人気スポーツだということがよく分かる。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事