世界バド、桃田賢斗が中国選手破り日本人男子初V!中国ネット「確かに素晴らしかった」「挫折を経験して…」

配信日時:2018年8月6日(月) 10時20分
世界バド、桃田賢斗が中国選手破り日本人男子初V!中国人の反応は…
画像ID  1012532
5日、バドミントンの世界選手権は、中国の南京で各種目の決勝が行われ、男子シングルスで桃田賢斗が中国の石宇奇を2-0(21-11、21-13)で破り、日本男子初の金メダルに輝いた。
2018年8月5日、バドミントンの世界選手権は、中国の南京で各種目の決勝が行われ、男子シングルスで桃田賢斗(23)が中国の石宇奇(シー・ユーチー、22)を2-0(21-11、21-13)で破り、日本男子初の金メダルに輝いた。

中国中央テレビ(CCTV)スポーツチャンネルの公式ウェイボーは、桃田のプレーについて「試合の主導権を握り、ミスらしいミスもなかった」と評価。石については「大会を通じて素晴らしいパフォーマンスを見せた。今後に期待」と伝えた。

中国のスポーツメディアの新浪体育は、桃田が試合後の記者会見で、「今までの先輩が築き上げてきたものに乗っかって、優勝できた。1人じゃできなかったと思う」と周りの人に感謝の気持ちを示したこと、今後の目標について「(北京・ロンドン五輪金メダリストの中国の)林丹や(五輪3度の銀メダリストのマレーシアの)リー・チョンウェイのように、世界中に応援されるようなプレーヤーになりたい。レジェンドと呼ばれる選手になりたい」と述べたことを伝えた。

中国のネットユーザーからは「桃田は確かに素晴らしかった」「彼は数少ない天才タイプの選手。そこに努力が加われば、負かすのは困難」「(違法賭博の店に出入りしていたことが発覚し、試合出場停止処分を受けるなど)挫折を経験した人は、謙虚さと他人への感謝の気持ちを人一倍理解している。桃田は強大なプレーヤーになった」などの声が上がっていた。

また、「現在のバドミントン界を支配しているのは日本人。卓球も日本人の猛追を受けている」と東京五輪に向けて危機感を募らせる声もあった。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事